夫は蒸発、壁は穴だらけ!?2人の息子を育て上げた肝っ玉母ちゃんが金より大切にした事:家、ついて行ってイイですか?(明け方)

公開: 更新: テレ東プラス

12月4日(月)に放送した「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」(毎週月曜深夜)では、徳島県で出会った、情に厚い肝っ玉母ちゃんのお家について行きました。

記事画像
今回は、徳島県阿南市で毎年10月に行われる「橘ケンカだんじり祭り」で、屋台での飲食代をお支払いする代わりにお家を見せてもらう企画。さっそく「テレビ東京なんですけど…」と女性に声をかけると「撮って、撮って」とテンション高め! 長男のカノジョと一緒に、次男が参加している祭りを楽しんでいるとのこと。

【動画】たった一言が原因で夫は行方不明!ある日ばったり再会し…

そこで、「家ついて行ってイイですか?」とお願いすると…「ほえま! 全国ネットやん! こんなんでええんですか」とあっさりOKが出ました。お名前はゆりこさん(56歳)。すると、スキンヘッドのいかつい男性に近づいていきます。その正体は、次男のまさやさん(23歳)でした。「人相悪いなとか言われる。無口なんよ」(ゆりこさん)。

取材をさせていただく代わりに、屋台でご馳走するはずが…「そんなんいらないわよん。ほんなら、自動販売機のうどん食べに行こう」と、昔ながらのうどんとそばの自動販売機がある場所に立ち寄ります。

記事画像
なぜか、反対にご馳走になってしまいました。うどんを美味しくいただいていたら、突然の豪雨! 急いでゆりこさんのお家に向いますが、全員びしょ濡れ…。

記事画像
玄関に入るなり、「長男が暴れん坊だったから」といって、タペストリーをペロッとめくるゆりこさん。すると壁には穴が! あちらこちらの壁にかかっているタペストリーは、長男が開けた穴を隠すため。2LDKの市営住宅で、現在はひとり暮らし、2人の息子が独立するまでは、このお家で親子3人で生活していました。
「とりあえずお風呂でも」と、番組スタッフのためにいそいそとお風呂を溜めてくれるゆりこさん。息子さんの部屋着まで貸してくれました。ちょうどそこへ、まさやさんもご帰宅。

記事画像
番組スタッフがありがたくお風呂をいただいている間、ゆりこさんはカメラの前をウロウロ。「撮ったろか変なやつ」とおどけます(笑)。番組スタッフがお風呂からあがると、「じゃ、あなたの残り香を頂きます」と、ゆりこさんもお風呂場へ。湯上がりのゆりこさん、番組スタッフがお借りしたTシャツとお揃いの部屋着で登場♪ 冷蔵庫を見せてもらうと、ビールが入っていましたが、「家では、ビールは飲まない。焼酎系。ちょっと飲みます?」と、焼酎の水道水割りを作ってくれました。意外と美味しいみたいです。

落ち着いたところで、お仕事で祭りに来られなかったという長男さんについて聞きました。カノジョいわく「優しいし、料理上手いし、話しも上手いし」とベタ褒め。すると、ゆりこさんが写真を見せてくれました。とても壁をボコボコにしたとは思えない雰囲気です。

記事画像
しかし、思春期は破壊系男子だったようで、「窓ガラスもない」といいます。カーテンを開けると、一見ガラスかと思いきや、アクリル板が張られていました。「次男がアクリルを買ってきて一生懸命張ってくれて。もう次男がいなかったら生きていけないくらい」と、ゆりこさん。まさやさん、いかつい見た目とは真逆で、優しさの塊なんですね。

記事画像
ゆりこさんの寝室を見せていただくと、息子さんたちが使っていたと思われるイスが。「息子が2人おるんで、2人分はじいちゃんばあちゃんがくれた」といいます。「息子達が1歳と2歳の時に離婚したんで」。

 

画像ギャラリー