番組の裏で実はこんなことありました!スタッフが明かすリル&キドフェノ秘蔵エピソード

公開: 更新: テレ東プラス

「ヴィクトリーグ!」(毎週土曜深夜2時15分)お引越し&リニューアル記念! 番組スタッフにLIL LEAGUE、KID PHENOMENONの秘蔵エピソードを聞きました!

前編】では、ティモンディのお2人がリル&キドフェノの知られざる魅力を語る!

記事画像写真左から
KID PHENOMENON(鈴木瑠偉、川口蒼真、遠藤翼空、佐藤峻乃介、夫松健介、岡尾琥珀、山本光汰)
ティモンディ(前田裕太、高岸宏行)
LIL LEAGUE(山田晃大、中村竜大、岩城星那、難波碧空、百田隼麻、岡尾真虎)

番組スタッフが目撃!秘蔵エピソード


【LIL LEAGUEがKID PHENOMENON「夢者修行」に潜入ロケ裏話】
キドフェノの「夢者修行」にリルが変装して潜入した際、裏側はバタバタで、なぜか自分と晃大くん2人だけがハグれ、ライブ開始直前~本番中とステージ近くで右往左往…でもバレないように撮影はしないといけないので、お互いの名前を呼び合いながら何とかスマホで撮影を続けました。「頼りになる25歳下」です。(奈須プロデューサー)

女装した竜大くんと碧空くんは、お互いに「かわいい」と言い合っていて、仲がいいなとほのぼのしました(笑)。(内田ディレクター)

【動画】リルがキドフェノ「夢者修行」に潜入

【「山登リーグ」ロケ裏話】

記事画像
リルチームは、スタッフがついていけず追い越されるくらい登るのが速すぎて。ガイドさんも「こんなに速く登る子見たことない」と驚いていました。

記事画像
途中、クイズで正解した人だけが食べられるご飯も、テレビ的に食べてないだけでホントは…と思う方もいるかもしれませんが、ガチンコで食べてないです。リルは正解率があまりにも低くて、水と塩分タブレット(熱中症予防のため摂取)しか口にしていないメンバーも多かったのですが、「絶対食べないです!」と貫き通していました。(吉田ディレクター)

記事画像
キドフェノチームのカメラマンを担当していたんですが、山道が想像以上にきつくて。カメラを持つこともできないくらいだったので、1/3登った時点で健介にカメラを託しました。実は、あの回は健介がカメラマンやってます。女性のADさんの荷物を持ってくれたり気遣いもできるし、声を出して盛り上げるムードメーカーでもあるし。山登リーグは健介がいなかったら成り立たなかったです。(Kディレクター)

記事画像
キドフェノチームは、スタッフが足手まといになっていましたが、全員が「〇〇さん~頑張ってください!荷物持ちますよ!」と声をかけてくれたり、スタッフが登りきるまで待っていてくれたりしました。みんなはずっと元気に歌っていたりして…綺麗な歌声とメンバーの気遣いで無事登り切れました!(笑) 頂上に着いてみんなでソフトクリームを食べたのもいい思い出です。(AP Fさん)


【動画】リル&キドフェノが筑波山へ「山登リーグ」
【「いなづまダンス」ロケ裏話】

記事画像
リルが、ティモンディの高岸さんが所属するプロ野球チームに応援ダンス「いなづまダンス」の振り付けを考える時、最初に作った曲に納得できず、「もう一曲違う曲にしよう」と、そこまでの全てを捨ててストイックにイチから振り付けを作り直していました。ひとつひとつの振りについて「これは覚えられない」とお客さんの目線で丁寧に考えている姿に、真面目で好青年だなと思いました。(内田ディレクター)

記事画像
【動画】LIL LEAGUE「いなづまダンス」未公開動画も配信中

【キドフェノハウス訪問ロケ裏話】

記事画像
部屋を散らかしがちな蒼真くんと峻乃介くんは、床に服を置いていたそうですが、ロケの前日に大量にハンガーを買い込んで服を全部ハンガーにかけてキレイにしたそうです。(吉田ディレクター)

記事画像
峻乃介くんが、友達が家に来た感覚で、急に掃除をし始めたり、「こっちが〇〇なんですよ」と案内したりしてくれました。(尾中ディレクター)

【動画】KID PHENOMENONの「キドフェノハウス」へ

【初期の頃こんなことありました】

記事画像
初回放送の反省会で、リルがお菓子を食べながらトークをしたのですが、収録が終わってみんなが帰った後、晃大くんだけ戻ってきて「片付けなくて大丈夫ですか?」と言ってくれたことが印象に残っています。(尾中ディレクター)

【動画】LIL LEAGUE、お菓子を食べながらの反省会はこちら

「ヴィクトリーグ!」初回放送の自己紹介ラップは本当にグダグダで、実は何十回も撮り直したんです…(笑)。それがリルの初ライブツアー「LIL GATEWAY」では見違えるほど上手になっていて皆さんの成長に泣きそうになりました。(AP Fさん)

記事画像
キドフェノ初登場の際、ドッキリ用の架空の番組での「キドらない自己紹介」は、本来は本編放送する予定がなかったのですが、7人が全力で頑張ってやり切る姿が清々しく、「本編でもしっかり見せたいので、カメラ回ってますよね!?」とスタッフに確認しました。彼らの姿勢に動かされました。(奈須プロデューサー)

【動画】「ヴィクトリーグ!」初回から最新話まで配信中

【これからの放送の裏話を先出し】
番組新セットで2組の歌収録(近日、U-NEXTにて配信)が決まった直後、星那くんを先頭に3~4人が自分のもとに来て「キドフェノとコラボしても良いですか?」と提案してくれました。実現できるか未定ですが、単独の歌収録でも「番組オリジナルになるように」とメンバーで案を出し合い、工夫しようとしてくれている気持ちが嬉しかったです。

10月下旬放送予定のある対決で琥珀くんが大チョンボ。落ち込みすぎて本番中にも関わらず口数が激減する…という、ちょっとした事件がありました。休憩中に声をかけ「命までとられるわけじゃないから」と伝えたら、そこから復活! 「バーミヤンの法則」という謎規則を発見し、勝負を大いに盛り上げてくれました。(奈須プロデューサー)

バーミヤンロケの数日後、キドフェノが「みんなでバーミヤン行ってきました!」と報告してくれて本当にみんな仲良しなんだなと思いました!(AP Fさん)

【リル&キドフェノの普段の姿】
リルの渋谷LINECUBEでのライブ終わりに挨拶に行った時、疲れを全く見せず元気に笑顔で対応していたのが印象的でした。たまたま近くになった竜大くんに自己紹介すると、真っ直ぐ目を見てずっと反らさず話を聞いてくれて、すごく人柄も真っ直ぐなんだろうな、と感じました(照れました)。ちなみに、ライブ中、3つ隣の席のお兄さんがずっとテンションが高くて、たまに立ち上がって踊ったりしていましたが、よく見るとティモンディの前田さんでした(笑)。

スタジオ収録の時に楽屋に行くと、星那くんが話の合いの手・笑い声を入れて雰囲気を良くしてくれて、さすがリーダーだと思いました。

キドフェノの楽屋では、ドーナツの差し入れに「わぁ、それ好きなやつ!」「嬉しい!!」とめちゃくちゃテンションを上げて喜んでもらえたので、画面の中だけじゃなくいつも明るいチームなんだなぁと実感しました。(構成作家 はしもとこうじさん)

番組が始まった当初から、真虎くんと碧空くんはスタッフが通り過ぎるまでずっとドアを抑えてくれていて、今も続けてくれています。(AP Fさん)

【動画】YouTube「リルチューブ」では特別企画公開

身近な人たちだから知っているリルとキドフェノの魅力伝わりましたか? 彼らが様々な企画に挑戦する「ヴィクトリーグ!」は、毎週土曜深夜2時15分より放送。U-NEXTでは、これまでの放送に加え、ここだけの特別編も配信中!

(取材:国川恭子)