安室奈美恵ヲタ初心者が巡礼した安室ファミリーも訪れる熊本の聖地とは!?:YOUは何しに日本へ?

公開: 更新: テレ東プラス

日本を訪れる外国人たちを空港で勝手に出迎え、アポなしインタビュー! そのまま密着取材を行う「YOUは何しに日本へ?」(月曜夜6時25分~)。今回のテーマは「知りたい!食べたい!登りたい!チョベリグYOUが超ウケるんですけどYou’re My Sunshine1 SP」。昭和・平成の日本を愛する令和YOUたちがタイムスリップする95分で、はたしてどんな面白YOUに出会えるのか?

記事画像
声をかけたのはコロンビア出身アメリカ在住で、来日は4度目となるニックさん(33歳)。安室奈美恵の大ファンで、熊本県にある彼女のファンバーに行くのを楽しみにやってきた。YouTubeで観たのが最初だそうで、「彼女があまりにも可愛くて一瞬で恋に落ちたよ」と、ファンになったワケを話す。ただ、所有グッズはCDが2枚のみで、生ライブも未経験だという。

【動画】面白外国人の宝庫!「YOUは何しに日本へ?」最新回を無料配信中

実はそれにはワケがあって、ニックさんが安室ファンになったのは、引退した翌年(2019年)なのだ。以来、情報を得るため3度来日し、「渋谷109」などで安室スポットを探し回った。が、「渋谷の109には手形を見に行ったんだけど…、他に彼女に関する場所を見つけることができなかったんだ」とこぼす。ファンになって4年だが、残念ながら109以外のスポットを見つけられなかったそうだ。そんな時、SNSで熊本にあるファンバーのことを知った。ついに見つけた安室スポットで、ファンからたくさんのレア情報を教えてもらいたいんだって。熊本に付いていきたいとお願いすると、歓迎してもらえたので密着決定!

記事画像
バーに行く当日、東京で再会後は約6時間かけて熊本に向かった。行程は、東京から新神戸まで新幹線「ひかり」号で約3時間、新神戸から熊本まで「さくら」号で約3時間の長旅だが、「安室ちゃんのためならへっちゃらだよ」と何のその。

到着後はホテルで3時間ほど休憩し、バーのオープン時間(9:00PM)まで疲れを癒やす。時間になったら、いよいよファンバーへ。とはいえ、ホテルのすぐ横のビル5階らしく、出発してすぐ到着だ。近っ(笑)!

記事画像
いざ、ファンバーへ潜入! ピンクのカッコいい扉を開けば、店内に入るや安室ちゃんの切り抜きやポスターが壁じゅう所狭しと貼られ、ニックさんは「このお店最高だね」と感激する。こちらは2017年にオープンした、熱烈な安室ファンが経営する、熱烈な安室ファンのためのバー「Fun Loving~KUMAMOTO~」だ。まずはそんな店内をバックに、担当Dらがニックさんの記念写真撮影のお手伝いを。ポスターだらけのトイレも含め、店内のあちこちで撮って撮って撮りまくった。

記事画像
撮影がひと段落すると、店主の高田さんからメニューを受け取る。カクテルなどドリンクはすべて安室ちゃんの曲から名付けられ、値段も¥738(ナミエ)で統一という徹底ぶりだ。中から『Love Story』をオーダーすると、ライチリキュールと「カルピス」の炭酸割りで、曲の“甘酸っぱさ”をイメージしたカクテルだという。味も美味しく、店内もメニューもとにかく全部サイコーだと、バーを満喫するニックさん。

記事画像
また、店内では高田さんとのおしゃべりや情報交換も楽しみのひとつだ。高田さんはひとツアーの6割はライブに参加していたそうで、全部で136回も行っているという。一度も行ったことがないニックさんは驚くばかり。

さらにニックさんが「彼女はこの店のこと知ってますか?」と聞くと、「(知ってる)っていう噂です。本人以外の人は結構…、正月はお兄ちゃん来たり、この前はお姉ちゃんと電話で話したりとか、本人以外は結構普通に繋がってるんです」と衝撃の裏情報が!

ニックさんは「信じられない…、彼はファンの中でも特別にスゴいんだね」と羨ましそうだ。また、安室ちゃんの嗜好について、「たぶん…焼肉とラーメンがとっても好きだと思うんですけど。一番サインが店にあるんで」と、人気ラーメン店などにサインがよく置いてある事実から、こう分析する。さらに、「安室ちゃんが好きな服装としてはZARA・ユニクロが多い」そうで、「飼ってる犬の名前がコトちゃん、ガッちゃん、アラレちゃん」ということで、もしや好きな漫画は『Dr.スランプ』!?などと楽しい予測も。ニックさんは、「スゴい情報がいっぱいだね。これは覚えておかないと」と目を輝かせる。

記事画像
最後に、高田さんからレアなプレゼントも。非売品のクリアファイルや、引退の日の「琉球日報」(沖縄から取り寄せた地方新聞)、イベント限定の缶バッジやアクリルスタンド、手作りウチワ、コンビニのパンフレット、ステッカー(非売品)、下敷き(非売品)などなど盛りだくさん。高田さんは喜ぶニックさんに、「“来てよかった”と思ってもらえたほうが僕も嬉しいし、ファンは減ることはあっても増えることはないんで」と伝えた。

ニックさんから「人生で一番嬉しい日だよ。僕以上のスゴいファンから貴重な話を聞けて嬉しいよ。今日のことは絶対に忘れない。熊本に行きつけの店ができたしね」と、最高の感想を聞けたところで密着は終了。

記事画像
ニックさん、最高の安室スポットが見つかって本当に良かったね! また日本に来てね~!