佐久間宣行、星野源&オードリー若林は「根っこの部分は誰よりもファイター」

公開: 更新: テレ東プラス

記事画像
ゴッドタン」(毎週土曜深夜1時50分)、「あちこちオードリー」(毎週水曜夜11時06分)などを手掛け、「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)ではパーソナリティを担当、2021年3月テレビ東京退社後はメディアの垣根を越え話題のコンテンツを生み出し続ける佐久間宣行プロデューサーに話を聞いた。

インタビュー【前編】では「マジ歌ライブ2023 ~マジオールスター歌謡祭~」の見どころを紹介!

【動画】「マジ歌ライブ2023」開催記念!第20回 芸人マジ歌選手権

テレ東退社後の変化は?


――テレ東退社後は、他局やNetflixなどでも話題作を制作されていますが、番組作りはテレビ局によって違いますか?

「置かれている環境と時間帯とバジェットで多少変わるくらいで、制作自体はそんなには変わらないと思います」

――仕事の仕方など変化はありましたか?

「実は何も違わないんだよなぁ(笑)。会社を辞めたことで、経理上の事務手続きとかも自分で…とか、やらなきゃいけないことが増えたのはありますが、クリエイティブ上ではないかもしれないな。働き方も変わってないですね。幸いなのは、今まで仕事してきた周りの人たちが、僕が会社を辞めたからって態度を変える人たちではなかったから、作り方も変わらずいけたんじゃないかなと思います」

――「ゴッドタン」はじめ、佐久間さんが“面白い”と思いずっと一緒に仕事をされてきた方々は、みなさんめちゃくちゃ売れていらっしゃいますよね。

「ありがたいことに、彼らが売れきっていてもオファーを受けてくれるのは、やってきた仕事が面白かったんだろうなと思うようにしています」

――以前の取材で、佐久間さんは「あちこちオードリー」の共演で「オードリーさんとハライチさんの相性がものすごくいいことに改めて気付いたから、いつか番組を作りたい」とおっしゃっていました。テレ東で見られるかも!と期待していたら、フジテレビで「オドオド×ハラハラ」が特番を経て10月からレギュラー化。テレビ東京では実現は難しかったんですか?

「いや、そんなことはないです(笑)。フジテレビからオファーがあり、いくつか出した企画の中のひとつが通ったってことで、たまたまです。あの2組は相性がよくて、あの2組にしか出せないグルーブがあるから、どこかで形にしたいなとは思っていました」

【動画】オードリー大尊敬!食リポの達人たち

――レギュラー化にあたり、どんな番組になりそうですか?

「まだ打ち合わせもしていなくて企画を揉んでいる段階です。20時台って“明るく楽しい番組”が通るんですけど、そればっかりだとオードリー、ハライチの良さが出ないかな…と」――8月に配信がスタートした、星野源さん×オードリー・若林(正恭)さんのトーク番組『「LIGHT HOUSE」〜悩める2人、6ヶ月の対話〜』(Netflix)も大きな話題になっています。この企画実現の経緯は?

「クリエイター同士が、1年かけてトークするのを一気に出したら、変わっていく様も見られて、ドラマみたいになるんじゃないかなという企画があったんですね。それで『星野源と若林のONE YEAR』という企画書で出し、星野さんも『それならやりたい』とおっしゃって。 “毎回場所が変わる”ことと“2人の中で何か決まっていく”ということで考えていたんですが、打ち合わせをしていく中で、星野さんがいきなり『毎回曲を作る』とおっしゃったんですよ。その言葉をつかまえて『言ったんだったらやってください』とお願いした感じですかね。

ビックリするくらい曲がよくて。弾き語り、バンド、打ち込み…曲調が全部違うんですよ。全6曲でアルバム作って欲しいと思うくらいの曲ですね」

――佐久間さんから見て、お2人の関係性や空気感はどうですか?

「僕が、あのお2人のことを好きなのは、世の中の人の痛みとかが人一番わかっているし、自分も傷ついているんだけど、根っこの部分は誰よりもファイターなんですよね。折れないし、たまに負けるんだけど、負けても諦めない。この番組では、彼らのファイターの部分がちゃんと出ています。それが全6話、がっちり入っているので、見た人は勇気づけられるんじゃないかな」

――また、9月2日(土)には、テレ東で「伊集院光・佐久間宣行の勝手に『テレ東批評』」が放送。伊集院さんとのガチトークはいかがでしたか?

「僕と伊集院さんと池谷(実悠)アナウンサーで、ラジオブースに入り、この1、2週間で見たテレ東の番組を好きに話すという、ただおしゃべりしているだけの番組なんですよ。ずっと伊集院さんのラジオを聴いていたので、夢みたいであんまり現実味があんまりないですね。伊集院さんと一緒にいるときは、“僕しゃべんなくていいな”と思って放っておくと黙っちゃうから、気をつけなくちゃな…と思いながらやってます。

今回は、(千原)ジュニアさんがゲストに来てくれて、ジュニアさんがやってた番組、これからやる番組の番宣をしつつ、おしゃべりしただけで、“それでいいのかな”っていう気持ちはありました(笑)」

【動画】伊集院光×佐久間宣行が忖度なしにテレ東を斬る

――他にも、ラジオパーソナリティ、アイドルグループ「ラフ×ラフ」の総合プロデュース、映画やMVなど様々なことを手掛けられていますが、今後やってみたい企画、コンテンツなどはありますか?

「YouTube『佐久間宣行のNOBROCKTV』がある程度形になって、たくさんの企画と、その中で売れてきた人がいるので、見たことないようなことに転がしたいという気持ちがあります。それがイベントなのか配信なのかは、わからないですけど。

『トークサバイバー』(Netflix)では、あまりないお笑いのフォーマットを作ることができましたが、他にも僕の中にいくつかやりたいフォーマットがあるので、どこかで形にしたいです。テレ東時代にもいくつかドラマを作ってはいますが、今も準備だけはしています。あまりあせらず、じっくり時間をかけて世の中に出したいなって思っています」

記事画像
ゴッドタン」(毎週土曜深夜1時50分)発の「マジ歌ライブ2023 ~マジオールスター歌謡祭~」が、9月21日(木)さいたまスーパーアリーナで開催。オンラインライブ配信も決定! チケット販売中!

記事画像
「マジ歌ライブ2023」オリジナルグッズ販売中! Tシャツ、パーカー、タオル、スマホリングなどに加え、「SHIRIKODAMAキーホルダー」も! 詳細はこちら

【プロフィール】
佐久間宣行(さくま・のぶゆき)
1975年11月23日生まれ。福島県いわき市出身。1999年、テレビ東京に入社し、「ゴッドタン」「ウレロ☆シリーズ」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」などを担当。2021年3月にテレ東を退社しフリーランスとなり、YouTubeチャンネル「佐久間宣行のNOBROCK TV」、「トークサバイバー!〜トークが面白いと生き残れるドラマ〜」『「LIGHT HOUSE」〜悩める2人、6ヶ月の対話〜』(ともにNetflix)などを手掛ける。2019年4月からラジオ「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティも務めている。
X(Twitter):@nobrock
YouTube

(文/佐藤ろまん)