<ネッククーラー>冷え性でも使ってOK?熱中症予防に効果的な食材も紹介!:主治医の小部屋

公開: 更新: テレ東プラス

月曜よる8時から放送の「主治医が見つかる診療所」は、皆さんが知りたい医療の疑問に、第一線で活躍する医師たちがやさしく答える知的エンターテイメントバラエティ番組。毎回、病気の予防法や、今すぐできる健康法などを、最新情報を交えて発信しています!

今回、WEBオリジナル企画「主治医の小部屋」で取り上げるのは「熱中症対策」。連日危険なレベルの酷暑が続く中、巷には熱中症対策グッズが溢れています。果たして効果は? さっそく同番組のレギュラー・石原新菜医師にお答えいただきました!

夜も冷房を使い、まずは質の良い睡眠を心がけよう


記事画像
Q: 40代女性です。毎日35度を超える猛暑が続いていて、熱中症のニュースも毎日のように報じられています。自分もいつか熱中症になるのではないかと不安なのですが、初期症状やサインはどのようなものなのでしょうか?

また、「ネッククーラー」を試してみたいと思っていますが、普段から首コリがひどいため、冷やしていいものかどうか気になります。使っても大丈夫でしょうか? 他に冷やしても問題ない部位、また熱中症予防になる食材などあれば教えてください。

――熱中症の初期症状とはどのようなものでしょうか。

なんとなくだるい、または頭痛や立ちくらみ、めまいや吐き気などがあれば危険なサインです。ただ、こうした症状は、熱中症と関係なく発症する場合も多々あるので「まあ、こんな日もあるだろう」と見逃しやすい。冷房の効いた部屋でそれほど汗をかかず、快適に過ごしているなら別ですが、暑い環境にいるときにこれらの症状が出たら怪しいと思ってください。

熱中症とは「熱失神」「熱けいれん」「熱疲労」「熱射症」の4つの症状の総称ですが、初期症状のサインは同じ。今夏は毎日のように酷暑が続いています。とはいえ、今年だけが例外とは限りません。今後もこれまで以上に熱中症の危険に対する意識を高めたほうがいいでしょう。

――熱中症にならないように心がけるべきことは?

日頃から質の良い睡眠をしっかり取ることが大切です。睡眠時間が取れていないと、翌日に夏バテの症状が出やすくなりますし、熱中症にもかかりやすくなります。また、冷房をつけたまま寝ると体調が悪くなるという方もいるでしょうが、熱中症で亡くなる方の約3割が、夜間熱中症が原因になっているともいわれ、最悪、命に関わります。今夏以降は意識を変え、お風呂にゆっくり浸かるなど、体を冷やさない対策を取りながらでも冷房は使用するべきだと思います。

甘酒や味噌汁を飲めば予防につながる!


記事画像画像素材:PIXTA

――質問者さんは40代ですが、年齢によって気をつけるべきことはありますか。

もっとも怖いのは、暑さに対する感覚が鈍っている高齢者と、地面に近く、照り返しの影響を受けやすい子ども。40代の方でしたら日傘や帽子を使う、風通しの良い服装を心がけるなどで大丈夫だと思います。必要以上に過敏になる必要はありません。近年、発売されているいろいろな冷却グッズを利用するなどして、快適に過ごす工夫をしましょう。

――その対策グッズですが、冷え性の質問者さんは「ネッククーラー」の使用をためらっているみたいです。

少し神経質になり過ぎているかもしれません。外出時など、暑い場所にいる状態なら使って問題ありません。一方で、クーラーの効いた涼しい室内にいるなら、あえて首を冷やす必要はありません。先ほどの熱中症の見極めの話と同様、「夏だから」「冷え性だから」とひとくくりにするのではなく、自分の置かれている状況に応じて対策を取ることが大切です。

――首以外にも冷やして問題のない体の部位は?

太い血管が通っている脇の下や鼠径(そけい)部、それに手のひらや足の裏であれば問題ありません。また、氷などで実際に冷やす以外にも、メントール配合のスプレーを使うなど、冷感グッズで感覚を刺激して涼を取る方法もあります。

――ちなみに、熱中症の予防になるおすすめの食材はありますか。

昔から「飲む点滴」といわれる甘酒は、アミノ酸やビタミンB、ミネラルなど、夏に不足しがちな栄養素を豊富に含んでいます。もともとは冬の飲み物だったのが、江戸時代ごろから夏に飲まれるようになったのも夏バテ防止に役立つからだともいわれています。

もう少し身近な食材としては、味噌がおすすめです。甘酒同様、アミノ酸やビタミンなどが豊富です。マラソン大会などのブースで味噌汁が配られるのも、それだけ栄養価が高いと認められている証。普段の食事に味噌汁をプラスするのはもちろん、野菜スティックのディップソースに味噌を使うなど、ちょっと意識して加える工夫するといいですね。

―― 石原先生、ありがとうございました。

【石原新菜(いしはらにいな)医師プロフィール】
イシハラクリニック副院長、ヒポクラティック・サナトリウム副施設長、健康ソムリエ講師、本内科学会会員、本東洋医学会会員、本温泉気候物理医学会会員。1980年長崎県生まれ。2006年3月帝京大学医学部卒業、同大学病院で2年間の研修医を経て、現在父、石原結實医師のクリニックで主に漢方医学、自然療法、食事療法により、種々の病気の治療にあたっている。著書に13万部を超えるベストセラーとなった『病気にならない蒸しショウガ健康法』(アスコム)他、「読む冷え取り」(主婦の友社)、『「体を温める」と子どもは病気にならない』(PHP研究所)、「水出し健康法」(幻冬舎ルネッサンス)、「『冷え』をとれば9割治る!」(海竜社)等、約40冊がある。中国、香港、韓国、台湾、ベトナムなどでも翻訳されている。2児の母でもある。

※この記事は石原新菜医師の見解に基づいて作成したものです。

今回お話を伺った石原先生も登場する、次回の「主治医が見つかる診療所」は【救急救命“真夏の現場”&昭和と令和で真逆の健康新常識】!

記事画像
真夏の壮絶現場
【救急救命センター密着24時】
▼炎天下の道路に倒れた男性を救え!脱水症状“熱中症”の恐怖▼トラックと衝突したバイク男性をドクターヘリで救急搬送!大動脈損傷か…熱血ドクターが奮闘▼事故で左目が見えない18歳▼自転車に巻き込まれアキレス腱が露出した女児▼マムシの10倍もの毒ヘビに噛まれた女性▼心筋梗塞で搬送…ドクターヘリの中で容体が急変▼1分1秒を争う命を守る医師たちの奮闘劇

令和の健康常識
【昭和と令和でこんなにも違う!?】
▼魚の骨が喉につまった時、今もごはんを丸のみしてませんか? それは危険な行為です▼筋肉痛は年を取ると遅れて出る…は間違い! 年齢は関係なかった▼昭和の児童がプールの後にやっていた“洗眼”は目を傷つける危険▼突き指をひっぱって直してはいけない▼キュウリは栄養がないは間違い! ではキュウリパックは効果ある?▼納豆をかきまぜる正しい回数とは?

コロナ後の出産
【出産数全国トップクラスの産婦人科病院】
分娩室7部屋、医師、助産師と看護師を合わせ100人以上が在籍する“巨大産婦人科”に密着▼長い不妊治療を経て40歳で初めての出産に臨む女性…奇跡の瞬間▼お産の痛みを和らげる最新の無痛分娩▼助産師歴3カ月の新人にも密着

どうぞお楽しみに!