「お誘いですか?」生再現に会場絶叫!シンみな&あす柊が浴衣姿で登場「みなしょー真夏の納涼祭」

公開: 更新: テレ東プラス

記事画像
8月3日(木)東京・LINE CUBE SHIBUYAにて、ドラマNEXT「みなと商事コインランドリー2」(毎週水曜深夜24時30分)のキャスト登壇イベント「みなしょー真夏の納涼祭」を開催。湊役の草川拓弥さん(超特急)、シン役の西垣匠さん、明日香役の奥智哉さん、柊役の稲葉友さんが登場しました。

昼夜2公演は生配信も行われ、会場に集まった方々だけでなく、全世界の“みなしょー”ファンが同じ時を楽しみました。ここでは夜公演の様子をレポート! イベントのアーカイブも配信中です。

【動画】シンと親密な男…湊は尾行することに

浴衣でトークやゲーム


記事画像
お祭りをイメージしたステージに、キャスト陣は浴衣姿で登場。まずは草川さんが「素敵な思い出を一緒に作りましょう。『みなしょー納涼祭』スタートです!」と開幕宣言。

記事画像
劇中の“シン”とは違い、前髪を上げた大人っぽいヘアスタイルの西垣さんに、「本当にシン?」と草川さん。西垣さんは「夜だから気合が入ってるの」と、さっそく和気あいあいのトークを繰り広げます。

記事画像
「みなしょーをみなでみましょー!」のコーナーでは、前日放送されたばかりの第5話ダイジェスト映像を見ながらトーク。明日香と柊の心がすれ違ってしまうシーンで、稲葉さんが「言葉が足りない!」と柊に喝を入れると、会場からは笑い声が。その後もセリフに一喜一憂したり、「このシーン好き!」とはしゃいだり、視聴者目線でトークを展開します。

記事画像
映像を見終えた西垣さんは、「どちらかというと、あのカップル(あす柊)を応援している」と明かし、草川さんも「現場でもあす柊ファンが多い」と報告。「うちには明日香がいるからね、無敵の愛されっ子だから」と満足げな稲葉さんに、奥さんは照れ笑いを浮かべます。記事画像
「4人が選ぶ心に残るセリフ大発表会」では、それぞれパートナーの好きなセリフを発表。奥さん、稲葉さんが偶然にも同じ“明日香の告白シーン”(「シーズン1」第12話)を選んだことで、会場は大盛り上がり。「すげぇ好き。だから猫でも犬でも猿でもキジでもいいよ…俺をそばに置いてよ」(奥)、「なんで…俺が桃太郎」(稲葉)と生再現すると、草川さんと西垣さんも「本物だぁ」と笑顔を見せます。

記事画像
草川さんが選んだシンのセリフは「どんな格好をしていても俺の気持ちは変わりません。だから、俺の前ではありのままでいてくださいね、湊さん」(「シーズン2」第4話)。草川さん曰く、「好きに理由がないくらい好きなセリフ」だそうで、西垣さんが再現すると「しんどくなったら、この言葉を思い出そう」としみじみ。

西垣さんが選んだ湊のセリフは、誕生日会での「ばか…そんなもんこれから祝ってくれるだけで十分だよ」(「シーズン2」第1話)。西垣さんは「こういうサラッとしたのが一番幸せな気持ちになるなと思った」といい、草川さんの生再現に「フウ~ッ!」と嬉しそうに声をあげます。

記事画像
さらに草川さんは、シンの名台詞「お誘いですか?」を追加でリクエスト。西垣さんが照れながらも「お誘いですか?」と問いかけると、客席からは「キャーッ」と大歓声!

奥さんが“好きなところを10個言えますよ”も見たいとおねだりすると、西垣さんがよどみなく長セリフを披露。会場全体に拍手が広がり、草川さんも「これには敵わない」と大絶賛。西垣さんは「体が覚えていた」と安堵の表情を浮かべました。

質問コーナーでは、「クランクアップしたとき、一番に思ったこと」、「自分の役柄の人物に、一言声をかけるなら?」といった質問が。最終シーンで西垣さんが考えていたことに、共演者からは驚きの声!?一方、奥さんの「(みなしょーの現場に)また帰って来たいな」という発言には、会場から割れんばかりの拍手が沸き起こりました。

記事画像
他にも、シンみなペアは現場でよくやっていたという、背中に書いた文字を当てる以心伝心ゲーム対決も。2人にとっては余裕…かと思いきや、意外にも困り顔の草川さん。あす柊ペアも、奥さんが「さっぱりわからない」と大苦戦。果たして、対決の行方は…!?

最後に、それぞれがドラマ後半の見どころを紹介。「見どころは全部。隅から隅まで見てください!」(草川さん)、「シンらしいセリフもこれからバンバン登場します」(西垣さん)、「6話以降、明日香の健気な姿、柊くんの成長していく姿も見られます」(奥さん)、「ちゃんと人と関わり始めた柊が、ここからどうなっていくのか見守って」(稲葉さん)とアピールしました。

この模様をもっと見たい方、昼公演も気になる方は、「みなしょー真夏の納涼祭」アーカイブ配信を! 8月17日(木)深夜23時59分まで。

(取材・文/nakamura omame)