爆食、行方不明、トラブル発生…からの筋肉女子の強烈ビンタ!?凸凹6人組の珍道中:YOUは何しに日本へ?

公開: 更新: テレ東プラス

日本を訪れる外国人たちを空港で勝手に出迎え、アポなしインタビュー! そのまま密着取材を行う「YOUは何しに日本へ?」(月曜夜6時25分~)。今回のテーマは「日本の理想郷(ユートピア)で笑顔(スマイル)スイッチオ~ン!SP」。ニコニコスマイルYOUがいっぱいの95分で、はたしてどんな面白YOUに出会えるのか?

記事画像
成田国際空港で声をかけたのは、アメリカから初めて日本旅行に来たがっちりメンズ4人。「大人1人を持ち上げるくらい朝飯前だ」「フルーツも手で潰せる」と、各々がワイルド自慢を始めると、そこにあと2人の仲間が登場。しかし見ればずいぶん華奢な双子で、「ヒョロヒョロでしょ」とイジられると、またその話と、苦笑い。

この凸凹の6人は高校の元同級生で、年に1回は旅行する仲良しグループなんだとか。今回の初来日では、17日間の観光を楽しむなか、手羽先や深夜のツナマヨおにぎり…など、食べたいものがいっぱいあるそう。こんなグルメの話題でも、「こいつらにいっぱい食べさせよう」「深夜にいっぱいは無理だって」と、ヒョロヒョロの双子いじりが始まった。この6人組、何か気になる…と思ったら、「僕らの旅は毎回クレイジー。今回もきっと楽しくなる。僕らの旅についてくるかい?」と誘ってもらえたので、すかさず密着決定!

記事画像
凸凹元同級生メンバーはこの6人だ!

記事画像
1週間後、朝9時に待ち合わせて向かったのは、双子の弟・ザックさんが計画した築地場外市場グルメツアー。市場で新鮮な朝ごはんを食べまくるんだって! さっそく入ったのは、店頭で巨大なエビをあぶる『甲羅組・築地店』。豪快に焼く海鮮バーベキューなど、海鮮料理が人気の店だ。シータイガー(特大・3,500円)をはじめ、生かき(2個1,600円)、ずわい刺し(3本2,000円)、サザエのつぼ焼(600円)など、海の幸を次々と平らげ、がっちりメンズはおいしさのあまり笑いが止まらない。

記事画像
一方双子の兄・ジェイクさんは、静かにイカ焼きを堪能。ハーンズさんに「テレビなんだから楽しそうに食べろよ」と注意されると、「スゴく美味しいよ…」と、消え入りそうな食レポを。そして気づけば黙って1人で消えてしまったので、心配した仲間がGPSを使って探すハメに。街を捜索すること10分。やっと発見したジェイクさんに声をかけると、「ちょっとフラフラしてたんだ。なんかごめんね」と元気がない。いったいどうしたの!?

記事画像
そんななか、おいしそうだと足を止めた創業約100年の玉子焼き専門店「つきぢ松露」では、ネイサンさんが極厚トロトロ玉子焼きのサンドトースト(300円)に舌鼓を打ち、「食べなきゃ元気でないぞ」とすすめるが、元気がないジェイクさんは最高のグルメですら「腹いっぱい」と辞退してしまった。

記事画像
凸凹同級生は、実は幼稚園からの幼なじみ。全員地元の同じ高校に進学し、アメフト好きの双子以外は全員アメフト部で活躍。放課後には毎日6人でアメフトの卓上ゲームをしていたそうだが、高1の時の年間チャンピオンが双子の弟・ザックさん、その後はジェイクさんが2年連続チャンピオンと、ゲームの才能を発揮しリスペクトされていた。双子は「僕らは体が小さかったから、彼らのハイテンションな体育会系のノリに憧れてたんだ」と、お互いが自分にはない部分に惹かれ合っていた。お金を出し合って約5万円の車を買い、6人でドライブに出かけたりバカをやっているうちに、一生の友を誓う仲間へ。

記事画像
高校を卒業すると、双子の弟・ザックさんは運送会社、ハーンズさんは金融マン、エデンさんは電気エンジニア、ネイサンさんはDNA情報整理、アンドレさんは経済系の会社で、それぞれ順調に働いていた。しかし双子の兄・ジェイクさんだけが、コロナ禍で飲食関係の仕事を全部クビになってしまった。最近はようやく博物館での仕事が見つけたものの、仕事に慣れず自信を持てなくなったという。だから楽しい旅の途中でも、元気がなかったようだ。

そんな兄を励まそうと、弟・ザックさんが情報をリサーチしていたところ、日本にある面白いお店の動画を発見。みんなで行って兄を笑顔にしようと、日本旅行を計画したのだった。

記事画像
みんなでたどり着いたのは”筋肉女子バー“! 入店しようとすると、ジェイクさんは目立たないところでスマホに集中していた。実は職場の博物館でトラブルがあって、昼頃からずっと仕事のフォローをしていたらしい。が、せっかくなのでいったん保留して仲間と店内へ潜入だ。

記事画像
こちらのお店「マッスルガールズ」は、筋トレを愛する健康女子がおもてなしをしてくれるスポーツバー。「こういう体育会系のノリをジェイクが面白がるんだよ」と、仲間が期待を寄せる店だ。店内でのチップメニューの中で、ジェイクさんのためにセレクトされたのは、なんとマッスルビンタ(1,000円)! みんなに「痛みで嫌なことは忘れちまえ」と後押しされ、じゃあやってやるとジェイクさんはノリノリに。

記事画像
どうせなら遠慮なくやってくれる女の子をとリクエストし、名乗りを挙げた女子に左頬を本気で引っぱたかれると、「効いたぜ!サンキューアリガトウ」と笑顔に。他の女子からも強烈なマッスルビンタをもらうと、ジェイクさんは「もう完全にフッ切れたよ、ありがとう」とテンション爆上げ。

その後もマッスル女子と盛り上がって、無事に完全復帰できたところで密着は終了。みんなにプレゼントされた“筋肉女子”のロゴ入りTシャツを着て、「みんなのおかげで元気になれたよ!」とうれしそうなジェイクさん。いい仲間がいて良かったね~、みんな、これからもずっと仲良くね!