金目当てと言われても…40歳差の最愛の人は「おじいちゃん」!?その正体は…:家、ついて行ってイイですか?(明け方)

公開: 更新: テレ東プラス

5月29日(月)に放送した「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」(毎週月曜深夜)では、東京・練馬駅周辺で出会った、陽気なショーダンサーのお家について行きました。

記事画像
練馬駅近くで、黒髪のロングヘアーが美しい女性に声をかけると「これからお客さんとアフターでカラオケに行く」とのこと。ダメ元で取材を申し込むと、カラオケの後ならとOKをいただきました。2時間後に合流して、タクシーでお家について行くことに。

「アキナと申します。45歳です」と、さっそく自己紹介。ちなみにお名前は源氏名だそうです。新宿2丁目、浅草、そして現在のお店に落ち着いたのが4年前。

「今日は休肝日だったんですけど、お客さんに合わせてちょっとワイン2本ほど。休肝日なのに、ウフフ」。

記事画像
お家は2LDKで家賃は13万5,000円。「おじいちゃんと暮らしている」とのことですが…「今年、一周忌を迎えた」。2人で暮らしていた部屋に、今は1人で暮らしています。小学校4年生の頃、クラスの男子を好きになったというアキナさんが、女性として生きるようになったのは25歳の時。「先輩に、あんたはこっちの世界に来たほうが、というご指摘をもらって。25歳で初めてメイクしてみて、元々こっちの世界なんだなって」。

記事画像
ひと息ついたところで、仏壇に向かうアキナさん。「ただいま。今日はちょっとね、色々楽しいことがあったんだよ」と報告します。「おじちゃん」と呼んでいた男性の享年は85。

おじちゃんとはどんな関係だったのでしょうか? 「内縁の妻として認めてもらえた。夫であり、普通の恋人同士のような感じです」。

2人の年齢差は40歳。「お金目当てでしょ?」と、口さがない言葉を耳にしたこともあったのだとか。しかし、「最終的に預金は何百万円もない人だった」そうで、「それにも一切手をつけていない。おじちゃんのために使ってあげよう」と、一周忌の法要も営んだといいます。

お部屋を案内してもらうと、おじちゃんのお部屋はほぼ生前のままになっていました。続いてアキナさんの部屋を見せてもらおうとしたところ、「ここだけパッと。キレイにしていないです。やめて~」(笑)。

記事画像
ここで、「ちょっと飲ませてもらっていいですか?」と、アキナさん。御仏前で缶ビールをひと口。毎日の日課だそうです。

記事画像
続けて、おじちゃんの洋服がそのまま残っているクローゼットに顔を埋めると…「匂いをかぐのが好き。おじちゃんの匂いがする」。おじちゃんが使っていた携帯電話もそのまま。解約せずにお金を払い続けているそうです。「いつかおじちゃんから電話がかかってくるかもしれないし」。おじちゃんへの愛がひしひしと伝わってきますが、お二人はどうやって関係を築いていったのでしょうか?

画像ギャラリー