母の自殺の真相は?「牧師」の正体は?今からでも間に合う「弁護士ソドム」前半まとめ

公開: 更新: テレ東プラス

福士蒼汰主演の痛快リーガルサスペンス、ドラマ8「弁護士ソドム」(毎週金曜夜8時放送)が、いよいよ後半に突入!

毎週楽しみにしている方はもちろん、見逃してしまった人も、これを読めばまだ間に合う! 前半のポイントと、後半の見どころを紹介します。

【動画】7分でわかる!「弁護士ソドム」前半ダイジェスト配信中!

悪徳弁護士の真の目的とは!?


記事画像
「ソドム」とは旧約聖書に登場する街の名前で、「退廃」や「悪徳」の象徴とされる言葉。「法曹界のソドム」と揶揄されている“詐欺加害者専門弁護士”の小田切渉(福士蒼汰)ですが、実は真の目的があります。

記事画像
14年前、人権派弁護士の母・翔子(高岡早紀)は、渉の誕生日に遺書を残して亡くなり、父・宏(勝村政信)は、会社の金を横領後、現在も行方不明。そして、母・翔子が遺した手帳には「脅迫状が届いた」「黒幕は牧師?」という走り書きが…

母の死に疑念を抱いた渉は、弁護士となり、両親を破滅させた詐欺師界のフィクサー「牧師」に近づくために詐欺師たちを弁護。その裏では、弁護する詐欺師たちを欺いて金を巻き上げ、詐欺被害者を救済しているのです。

ここをチェック!

ここまでの物語を抑えるには以下の2つのポイントをチェック!

【1】“悪徳弁護士”渉と“マチ弁”まどかの関係

記事画像
「篠崎誠法律事務所」で働く“マチ弁”の若松まどか(玄理)は、法廷で渉と対峙し嫌悪感を覚えます。しかし、事務所が閉じたことで、渉が所属する「SOGA法律事務所」へ。代表・曽我一馬(光石研)は、親代わりとなって渉を育てた人物です。

記事画像
当初は対立する渉とまどかでしたが、まどかは、子どもの頃、祖母を助けてくれた憧れの女性弁護士が、実は渉の母だったことを知るとともに、渉が詐欺加害者専門で弁護するのは、彼の両親の事件が関係していると気付いていき…

【2】渉の仲間たち

記事画像
真の目的のために動く渉の仲間は、ハッカースキルに長けた渉の幼馴染・八雲カイ(加藤清史郎)。

記事画像
変装の名人で、親の借金返済のため詐欺に加担していたところを渉に助けられた三木天音(山下美月)。

記事画像
ここに第2話で渉に救われた大学生の久保寺治(佐藤龍我/美 少年・ジャニーズJr.)が加わって、渉をアシストしながら、さまざまな詐欺の被害者を救済していきます。

記事画像
一方、まどかの元カレで新聞記者の青柳孝介(古川雄輝)が、渉の父の事件を調べるとともに、「ソドム」の裏の顔に迫っていきます。

真相に迫る証言まとめ

母の死の真相とは? 姿を消した父の行方は? 詐欺師たちを裏で操る「牧師」とは誰なのか? これまで渉が詐欺師たちから得た情報を紹介。

第1話で渉が弁護したリフォーム詐欺師(池田成志)は、牧師が「昔、盾突いてきた弁護士を闇に葬ったこともある」と、母の死に繋がる言葉を。

第3話では、医療詐欺師(片桐仁)から、牧師が「かくまっている男」がいて「10年以上前から入院している」との証言を引き出します。渉は、ようやく父・宏を見つけ出すものの、何らかの理由によって、記憶を失っていました。

第4話では、「牧師」の指示で、父・宏が会社の金を横領したように偽装したという企業専門詐欺師(安井順平)に接触。14年前に宏が翔子の事務所からUSBを持ち出して逃亡したという目撃情報も。

「(USBが)今はどこにあるのか。中身のデータは何なのか。やはり父は母の死に関係していたのか。知りたいことだらけです」と渉。
そして、そのUSBを手に、不適に笑う謎の女性の口元…

これで、ここまでの物語の復習は完璧!

記事画像
今週放送の第5話では、出資金詐欺で訴えられている美のカリスマ・美作あかり(真飛聖)と、まどかに顧問弁護士を依頼する大手企業の経営者・五条紀明(竹中直人)が登場。美作は、第4話のラストシーンで笑っていた女性なのでしょうか? また、かねてから視聴者の間で、電話の声が「竹中さんでは?」と、ささやかれていたことから、五条が何者なのか、その目的も気になります。

「牧師」は誰なのか!?


本作の及川拓郎監督からのヒントは、「電話の声は敢えて加工せずに使っています。よく聞くと“あの人だ”と思うかもしれないし、聞いたことのない声かもしれない。そして声の主が“牧師”とは限らない」。また、「すでに登場している人も関わっていると思います」とのこと。

記事画像
電話の声からの予想の他にも、何の前触れもなく事務所を畳んだ、まどかの元上司・篠崎誠(でんでん)、翔子と宏の昔からの友人である曽我代表といった、一癖も二癖もありそうな人物がたくさん。渉への嫉妬(対抗心?)から、週刊誌に渉のネタを売った、まどかの大学の同級生・青柳の暴走など目が離せませんが、もしかして、それらすべてがフェイクという可能性もあったり…!? ともあれ、風雲急を告げる第5話を、お見逃しなく!

ちなみに、渉がいつも手にする翔子の形見のライターに刻まれたユリには「純粋」、「無垢」、「威厳」の意味が。気が早いですが、渉が、母のように純粋無垢な気持ちで、威厳を持って弱者を弁護するラストになることを願います。

ドラマ8「弁護士ソドム」第1話~3話と最新話は「ネットもテレ東」で無料配信中!

(文/橋本達典)