<壮絶>地下アイドルの実態『一緒にベッドで隠れよう』パワハラやセクハラ、メンバー同士のいじめも…

公開: 更新: テレ東プラス

記事画像
テレビでよく見る人気アイドルから地域密着型のローカルアイドルまで…日本のアイドルは多様化している。さまざまなアイドルグループが存在する中で、メジャーデビューせず、ライブハウスやファンとの交流イベントを中心に活動しているのが「地下アイドル」。最近は、SNSや動画配信により、地下アイドルへの認知も広がってきたが、果たしてその実情は?

今回の「テレ東プラス 人生劇場」は、現役地下アイドル・Tさん(仮名)を取材。小柄でパッチリとした目が印象的、どこか女優の広瀬すずを思わせる彼女に、ギャラ事情からハラスメント問題まで、過酷な"地下アイドルの裏側"を聞いた。

一時はよく、物が盗まれたことも…


――まずは、Tさんがアイドルを目指したきっかけから教えてください。

「小さい頃から人前で何かすることが好きで、芸能の世界に憧れがありました。色々なオーディションに応募して、5年前に合格したのが今の事務所です。
芸能のお仕事だけで生活するのが最終的な目標ですが、なんだかとても疲れてしまい、今、事務所を辞めることを考えています」――今の事務所を辞めようと思った一番の理由は?

「プロデュースしてもらいたくて入所しましたが、もう5年目になるのに、全くプロデュースしてもらえなくて…。当初『この段階になったらプロデュースしてやる』と言われていたところまで進みましたが、状況は全く変わりませんでした。
うちの事務所には5つのアイドルグループが存在しますが、私のグループだけ、衣装や楽曲もありません。最初に『売り上げを作れるようになるまでは、何でも自分たちでもやれ』と言われ、頑張った結果、少しずつお客さんがつくようになってきましたが、事務所が関わっていないところで結果を出したことが気にくわなかったのか、何年やっても下っ端扱い。売り上げがある今でも、衣装は自分たちで用意しています。ライブも、事務所が力を入れているグループはいい時間帯に出演できますが、そうじゃないグループは、条件も悪いです」

――当初の約束が全く守られていないのですね。

「そうなんです。事務所内のパワハラが多いので、もう疲れてしまいました。社長やマネージャーを交えた飲み会で、社長が新人の子を強めに叩いたり、キツイ言葉をかけたりするんです。ツッコミ感覚だと思いますが、泣いてしまった子もいます。マネージャーも止めないので、先輩アイドルが社長をなだめ、新人の子を守っていました。社長は普段から口調が強く、傲慢なタイプ。セクハラもするので、社長が来る飲み会が嫌で辞める子もいます」

画像ギャラリー

PICK UP