出張鑑定で<17年ぶり>の珍事!とんでもないお宝の鑑定結果は!?:開運!なんでも鑑定団

公開: 更新: テレ東プラス

kanteidan_20230220_01.jpg
テレビ東京で毎週⽕曜⽇夜8時54分から放送している「開運!なんでも鑑定団」、明⽇2月21⽇の放送では「平成世代のお宝鑑定大会」と題し、平成生まれの依頼人が持ち寄ったお宝を鑑定する出張鑑定大会を開催!するとお宝の中に、鑑定士・中島誠之助も驚きのとんでもないお宝が登場し、鑑定結果は今田耕司福澤朗が司会を務める「スタジオ」で改めて発表することに!出張鑑定から「スタジオへ」という結果となったのは、なんと17年ぶりの珍事。17年ぶりに出現した<とんでもないお宝>と<驚きの鑑定結果>をお見逃しなく!

鑑定士・中島誠之助も「もう少し詳しく調べたい!」

kanteidan_20230220_02.jpg

kanteidan_20230220_03.jpg
今回、平成生まれの依頼人が持参したお宝は、「中国の古い焼き物2点」。一点は婦人像、もう一点は馬に人が跨がった騎馬像で、3年ほど前に幼い頃から通っていたかかりつけの病院が閉鎖することになり、院長先生に長年お世話になったこともあり片付けを手伝ったところ、タダでいただいたという。
院長によると<1000年以上前のお墓に副葬されていたもの>とのこと。
鑑定士・中島誠之助がお宝を確認して依頼人が鑑定結果の書かれたフリップを掲げたところ、そこには「スタジオへ」の文字が!17年ぶりに起こった珍事に出張鑑定司会の原口あきまさも「うわっ!これひさびさや!俺が(司会に)なってから初めてかも!?あるんや本当に!」と驚きを隠せず。中島は「大変に興味を持ちましたんでね、もう少し詳しく調べたいと思う!スタジオにおいでいただけますか」と依頼人に声をかけた。

今田・福澤も興奮...今田「ドキドキだな!」

出張鑑定から1週間後、スタジオへ登場した依頼人は「ずっと寝られなくて...早く楽になりたいです」と17年ぶりの事態に、気が気でない様子。お宝を見た今田は「ずいぶん古いな!1000年前(のお宝)って言われたら、そういうふうに見えますもん!」とただならぬ雰囲気のお宝に興奮。福澤は依頼人に「人生でいちばん長い一週間でしたね」と優しく声をかけてその心中を慮った。はたして17年ぶりの珍事を巻き起こした「中国の古い焼き物2点」、鑑定結果はいかに!?

日本ラグビー界の鉄人・伊藤剛臣さんのお宝も鑑定!

さらに番組では、去年から意外な職業に就いたという⽇本ラグビー界の鉄人・伊藤剛臣さんが神戸製鋼に入るときに激励の意味を込めて「父がプレゼントしてくれたお宝」や、人気の北欧ヴィンテージを収集する依頼人が手に入れた貴重なお宝も鑑定する。

プロデューサー コメント
1994年4月に放送を開始した「開運!なんでも鑑定団」は今年、放送開始30年目に突入します。そんな長い歴史の中で、17年間起こらなかった「出張鑑定からスタジオへ!」というミラクルがついに起こりました!依頼人さんがお越しくださったスタジオはずっと緊張感に包まれっぱなし...。鑑定士に「スタジオへ」と言わせた驚きのお宝と、そのドキドキの鑑定結果、17年ぶりにぜひご覧ください!(テレビ東京制作局 水野亮太)

kanteidan_20230220_04.jpg
【番組名】開運!なんでも鑑定団
【放送⽇時】2月21⽇(⽕)夜8時54分~9時54分
【出演者】
司会:今田耕司、福澤朗
アシスタント:片渕茜(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト:伊藤剛臣(ラグビー元⽇本代表)
鑑定士軍団:中島誠之助(古美術鑑定家)、北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)、安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)、山村浩一(「永善堂画廊」代表取締役)、川瀬友和(「㈱ケアーズ」代表取締役)、大熊敏之(⽇本大学芸術学部教授)、竹内俊夫(「銀座コイン」会長)
出張リポーター:原口あきまさ
出張コメンテーター:船越英一郎
【ナレーター】銀河万丈、冨永みーな
【出張鑑定】34歳以下限定!平成世代のお宝鑑定大会
☆「ネットもテレ東」「TVer」「Paravi」で見逃し配信中!