ソファ席で本場四川の味が350円から...生ビールもワインも300円で!@ハッピーアワーな女たち

公開: 更新: テレ東プラス

【本日のお客様】
名前:もか
年齢:23歳
職業:ECサイト運営

入社早々週2~3の出社になり、まもなく2年の月日が流れようとしている。リモートワークには慣れたけど、新人にとって、やっぱり仕事は出社に限る。顔を合わせて話すだけで先輩たちの人柄に触れることができるし、何より仕事へのモチベーションが上がる。相手の状況を想像し、遠慮がちに打つチャットとは大違いだ。
今日の会議はリモートではなく、対面でブレスト。たわいもない会話から、新たな企画のアイデア、仕事を効率化するノウハウを得ることができた。

充実した1日...今日の退社時間は少し早めの17時。出社した私が何より楽しみにしているのが......街にあふれる「ハッピーアワー」(※レストランやバーなどが酒類の割引をする時間帯のこと)の看板たちだ。17~19時をハッピーアワーにしている店舗が多いけど、気前のいいお店では、「20時までOK!」ということも。

さてっと、今日はどのお店にしようかな~? と思ったら、すぐさまこの看板を発見!

happyhour_20230214_01.jpg
ドリンク300円! しかもどれもヘルシーでおいしそう! 四川料理っぽい感じ? 激辛好きの私にはたまらない。ピータンにハチノス...ドラゴンハイボールってなんだろう? めっちゃ気になるので、とりあえず入ってみることに...。

ドラマ「ひねくれ女のぼっち飯」(主演:飯豊まりえ)を「ネットもテレ東」にて、期間限定で無料配信中!

happyhour_20230214_02.jpg

happyhour_20230214_03.jpg
今日入店したのは「TOKYO THE MABO」さん(東京・港区)。なんとディナータイム1番ノリだった! 広々とした空間でめっちゃ落ち着きそう。ソファ席なんて最高すぎる!

happyhour_20230214_04.jpg
ハッピーアワーのメニューを見ると...どれも安くておいしそう! でも、おつまみを頼む前に......もう喉がカラッカラだから、とりあえずこれでしょ。

happyhour_20230214_05.jpg
生ビールも300円!(※以下、値段はすべて「ハッピーアワー」時) きめ細やかなビールの泡...これって自宅では味わえないよね。はぁ...この一杯のために、生きているのかも(笑)

happyhour_20230214_06.jpg
まずはあっさりと「スティック野菜の四川式浅漬け」(500円)から。

happyhour_20230214_07.jpg
ほんのりピリ辛で抜群の塩加減。にんじんはちょっと苦手だけど、癖がないから、これならいくらでも食べれちゃう。

happyhour_20230214_08.jpg
お次は「牛肉とハチノス旨辛和え」(500円)。これぞ四川! というべく山椒がピリリと効いていい感じ。ハチノスの食感が、ホルモン好きの私にはたまらない! ナッツの香ばしさもいいアクセントに。ビールもグビグビ進んじゃう。そうだ! 気になってた「ドラゴンハイボール」を頼まなきゃ。

happyhour_20230214_09.jpg
ドラゴンのロゴが可愛い! 紹興酒を炭酸水で割った「ドラゴンハイボール」(300円)は、めちゃくちゃ飲みやすい。ちょっぴり大人の味わいで、これはハマってしまいそう。

happyhour_20230214_10.jpg
ハッピーアワーの〆は「よだれ鶏」(500円)。

happyhour_20230214_11.jpg
スパイシーで食べ応えも満点。タンパク質豊富なのもうれしい。全部食べたらお腹がいっぱいになっちゃった。

happyhour_20230214_12.jpg
ハッピーアワーが終わっても、こんなお得なディナーコースが。デザートの杏仁豆腐もついて1280円って超お得。小鉢や名物「麻婆豆腐」をアテに飲むのもおすすめ。

happyhour_20230214_13.jpg▲店長の椙本さん「ハッピーアワーのみならず、宴会やディナーもお待ちしています!」

【今回のお店:TOKYO THE MABOさん】
六本木一丁目駅直結。グランドプラザで古き良き本格四川料理とこだわりの麻婆料理が楽しめる名店。有名店で修行を積んだシェフが本物の四川料理を提供している。
ランチはもちろん普段使い、ワインも揃い、夜はバーとしての利用も可能。カジュアルな雰囲気、ゆったりソファで、女子の1人飲みもしやすい。様々なシーンで大人な空間を満喫できる。

※記事内に出てくる主人公の設定はすべてフィクションです。

PICK UP