“ニャンニャン写真”流出ですべてを失った女優...驚きのCM違約金と流出経路を暴露:じっくり聞いタロウ

公開: 更新: テレ東プラス

「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(毎週木曜深夜0時放送)1月5日(木)の放送は「芸能界で天国と地獄を見た人SP」。かつてニャンニャン写真が流出した女優が。やばすぎる流出経路と莫大な違約金額を大暴露!

ニャンニャン写真流出経路は?

女優の横須賀昌美は、1980年15歳の時にモデルデビュー。数々の大手企業のCMに出演して一世を風靡したが、1984年の19歳の時に彼氏とベッドで寄り添うニャンニャン写真が流出。週刊誌やワイドショーを賑わすスキャンダルとなり、芸能界から姿を消した。

もともと歌手になりたかった横須賀は、スカウトマンから「モデルで売れたら歌も出せますよ」と言われデビュー。1981年に「恋のマグニチュード」で念願の歌手デビューも果たし、デビューからの3年間で資生堂、JAL、ロッテ、花王、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど名だたる大企業のCMに出演。現役の高校生ながら平均月収500万円という、とんでもない額のギャラをもらっていたという。

jikkuri_20230106_02.jpg
この頃、横須賀は仕事で出会った慶應大学生と付き合うように。世間に秘密にしていたが、1984年に2人で毛布にくるまっているニャンニャン写真が流出してしまう。流出元は、当時、写真はフィルムで撮影していたため、現像に出した写真店からとしか考えられないと、横須賀。写真流出後に2人は破局したという。

jikkuri_20230106_03.jpg
さらに、CM契約もすべて解消されてしまう。違約金は約6300万円! 事務所が4割の2500万円を支払い、給料の6割を歩合でもらっていた彼女は違約金も6割の3800万円を支払うことになった。

横須賀はスポンサーや広告代理店に違約金を支払うことになるが、CMだけでなんと6300万円! 事務所が4割の2500万円を支払い、給料の6割を歩合でもらっていた彼女は違約金も同じ6割の3800万円を支払うことになった。

貯金はしていたが返済額に500万円足りなかったため、ピアノバーなど3軒掛け持ちで歌を歌うなどして2~3年で返済したという。返済中にはヌードを披露するVシネマや写真集の仕事も受けていた。

なお、例の写真を撮影したのは彼氏の親友。2人でベッドに座っているところ部屋の冷房が効きすぎて寒くなり毛布を羽織ったところを撮ったもので、ちゃんと服も着ていたとか。

この他、ミュージシャンの東野純直が大ヒットシンガーから一発屋に急転直下した波瀾の人生を、アイドルから"セフレ女子"になった元カントリー娘。斎藤美海が語る謎のセミナーの実態なども。

PICK UP