放送10周年「孤独のグルメ」一番お酒が進んだ料理は?スタッフとみんなで飲んだ思い出も

公開: 更新: テレ東プラス

2012年1月にスタートしたグルメドラマの金字塔「孤独のグルメ」が放送10周年を迎え、この10月よりシリーズ10作目となる「孤独のグルメSeason10」(毎週金曜日深夜0時12分放送/テレビ東京系)が放送中。

kodoku_20221201_01.JPG
Season"10"を記念して、原作者で本編放送後の人気コーナー「ふらっとQusumi」にも出演中の久住昌之先生に、特に印象的だった"10"のエピソードをうかがう連載「ふらっ10"Qusumi」を毎週公開していきます。第4回は、お酒にまつわる話を。

【ふらっ"10"Qusumi エピソード6】

本編後の名物コーナー「ふらっとQusumi」で思わず...という、お酒の裏話。スタッフとのいい関係も!

kodoku_20221201_02.jpg
とにかく飲んだ!
「一番お酒が進んだのは、今回Season10の第8話に登場した富山の『居酒屋 舞子』ですね。料理が美味しかった! とにかく飲んだ...ということでは、Season2の第1話で、なぎら健壱さんが来たときですね。最初はまだ手探りの状態でやってたから、Season2のみゲストが来ていたんですよ。『なぎらさん次ある?』って聞いたら『何もない』って言うんで、あの日は飲んだな(笑)。あと第8話で上々颱風のヴォーカルの白崎映美さんが来た回も。飲む気満々で来てるから、2人ともなかなか帰らないっていう(笑)」

「孤独のグルメ Season10」
第8話「富山県富山市のかに面おでんと海鮮とろろ丼」

「孤独のグルメ Season2」
第1話「神奈川県川崎市新丸子のネギ肉イタメ」

第8話「墨田区 両国の一人ちゃんこ鍋」

kodoku_20221201_03.jpg
スタッフと飲んだメロンブランデー
「Season8 第3話のロールキャベツの店『四馬路』さんのメロンブランデーがすごく美味しくて。半分にカットしたメロンの種をとったくぼみに、ぶどうブランデーっていう山梨のお酒を注いで果肉と一緒にスプーンで食べるんですけど。この日は飲みましたね。珍しい飲み物だからって、スタッフも含めて10人くらいいたのかな?普段はあまり人が残っていないのに、この日はなぜか大勢で飲んで。いい思い出です」

「孤独のグルメ Season8」
第3話「東京都中央区銀座のBarのロールキャベツ定食」

来週は、10年やってきた中で起こったサプライズを!

久住先生の10の印象的なエピソードを紹介する「ふらっ"10"Qusumi」1~3はこちら
「ふらっ"10"Qusumi」4はこちら
「ふらっ"10"Qusumi」5はこちら

kodoku_20221201_04.jpg
次回「孤独のグルメSeason10」第9話は?

第9話
荒川区「日暮里」。「布の街、布の道」と書かれた旗を横目に通りを歩く五郎(松重豊)。立ち並ぶ繊維問屋街を進み、今回の商談相手である増田(入山法子)の元へ。依頼品である"ネクタイピン"を見せると、イメージにぴったりと喜ぶ増田。そして、自身が担当する映画の主演役者と五郎の背丈が似ているとのことで、衣装合わせの代役も五郎にお願いすることに。最初は困惑したが、誉め言葉の連発でどこかまんざらでもない様子だったが...。慣れないことをした五郎は、腹が減りお店探しへ。腹にジャジャーン!と響くお店を目当てに探し歩いていると、「韓国式中華料理」の看板を発見する。堂々たる文字で書かれたお店の名前とメニューの写真、まさに求めていたお店と言わんばかりに大きく頷き、入店する。メニューの多さに注文に難航した五郎が注文した大満足の料理とは。

(取材・文/橋本達典)

【プロフィール】
久住昌之(くすみ・まさゆき)
1958年7月15日生まれ。東京都出身。1981年、和泉晴紀とのコンビ・泉昌之の「夜行」でデビュー。実弟の久住卓也とのユニット「Q.B.B.」の『中学生日記』で文藝春秋漫画賞を受賞。ベストセラー「孤独のグルメ」「孤独のグルメ2」(作画・谷口ジロー)、「花のズボラ飯」(作画・水沢悦子)、「野武士のグルメ」(作画・土山しげる)の原作を担当。その他、エッセイ、切り絵、童話のみならずミュージシャンとしても活躍を続けている。最新刊は「勝負の店」。