ツタが生い茂る家にはどんな人が住んでいる?ツタ住人が作る”激ウマ飯”とは?

公開: 更新: テレ東プラス

月曜深夜0時30分からは、2週連続企画「ツタの家。」(MC:サバンナ高橋茂雄)を放送!

誰もが目にしたことがあるツタがからまる謎の家...ツタが生い茂る家にはどんな人が住んでいるのか? そこにある暮らしとは? なぜこうなったのか?
都内にあるツタの家を何十軒も訪ねてみると...住民にとっては単なるツタではない、ツタにからむ思いもよらないドラマがあった!

「テレ東プラス」では、10月17日(月)に放送された番組の中から「ツタ住人が作る激ウマ飯」の内容を紹介する。

tsuta_20221023_01.jpg
東京・千代田区神田で、屋上までツタで覆われている建物を発見!
よく見ると、ツタにまぎれて「野菜居酒屋 玄氣」という看板や、メニューらしきものが貼り出されています。

どうやらお店のようですが、ド派手な男性が何かを抱えて中に入って行きました。早速、声をかけてみることに。

tsuta_20221023_02.jpg
快く取材に応じてくれたのは、店主の新野聡さん。抱えていたのは、なんと大きな亀!
ヒョウモンリクガメという種類で、25年も飼っています。
「実は私、亀仙人なんです」と怪しい笑みを浮かべながら亀にキスする聡さん。これにはスタジオの高橋も「情報があふれかえってるやん!」と困惑します。

tsuta_20221023_03.jpg
18年前に鉄板料理店から独立し、居酒屋さんをオープンした聡さん。根っからの植物好きが高じ、アサガオとヘンリーヅタを植えたところ、ぐんぐん成長。現在は建物のほとんどが緑に囲まれ、屋上までツタが侵食しています。
建物は一軒家に見えますが、実は居酒屋さんとパン屋さん、2つのお店でできているそう。

PICK UP