IMALU「メンタル的にバランスがとりやすい」奄美大島と東京...2拠点生活のリアルを語る

公開: 更新: テレ東プラス

mirai_20221013_01.jpg
タレントのIMALUが、テレビ東京の特番「未来スクリプト 世界を変える『物語』のチカラ」<10月16日(日)午後4時放送>にて、今年8月から始めた「奄美大島と東京の2拠点生活」について、自身が撮影した美しい海などリアルな島の映像とともに、詳しく語りました。奄美大島では、「この夏はしょっちゅう愛犬と海に行って遊んでいました」「伝統工芸の泥染めをして、海水で洗うと色持ちが良くなったりして...こんな楽しいことをしています」と、島での生活を満喫しているよう。また、東京に来たら「お仕事がんばろう」とスイッチを切り替えることで「メンタル的にとてもバランスがとりやすい」とのこと。

この番組は、いま世界のビジネスシーンで注目されている「ナラティブ」をテーマにしています。「ナラティブ」とは「物語」という意味を持ちます。例えば、ただ「新商品を多く売ろう」ではなく「なぜその新商品を世に広めたいのか?」「その新商品が我々の暮らしにどんな意味を持つのか?」など、その新商品から派生する「物語」を社員などのチームで共有することで、企業活動の躍進につなげようという動きです。番組では、パタゴニア、アマゾンといった海外企業から日本企業まで、「ナラティブ」によって大きく動く現代の経済、そして、あの世界的ヒップホップグループ、BTSも「ナラティブ」を体現しているなど、その実態に迫ります。

IMALUが、コロナ禍で思うところがあり、2拠点生活を始めたことも、まさに「ナラティブ」。有名芸能人を両親に持つ人気タレントというイメージから、奄美大島と東京の2拠点生活を実践するタレントに「物語」を展開、自身の大きな変化も実感しているようです。IMALUさんは今後さらに、どんな「物語」を紡いでいくのでしょうか?

他にも番組では、ロッテ、KDDI、コクヨ、パナソニックコネクトなどの日本企業が、「ナラティブ」を取り入れた結果、劇的な変化が起こった実例を取材し紹介します。

<番組MC・別所哲也コメント>
僕達人類は、モノガタル存在だ。「ナラティブ」が、その「物語」の在り方を問いかける。共感共創コミュニケーションとは何か?これは、ひょっとしたら、20世紀に僕たちが積み上げてきた、すべての根幹を、21世紀型に再構築するための大事件なのかもしれない!まさに、未来を形作るライフスタイルへのスクリプト!前頭葉も脊髄も動き出すような刺激的な番組体験だった!

<番組プロデューサー テレビ東京制作局・林祐輔コメント>
「ナラティブ」って??? そのようにお感じの方も、この番組をご覧いただければ、その意味、その力がよくわかります。「ナラティブ」は、決して難しいことではなく、明日から誰でも取り入れることができます。ビジネスシーンはもちろん、家庭内、例えば、お子さんの教育に、そして地域活動やサークル活動など、あらゆる日常のシーンに「物語(ナラティブ)」を持ち込めば、暮らしがまた少し豊かになるはずです。

<番組概要>
【番組名】未来スクリプト 世界を変える「物語」のチカラ
【放送日時】10月16日(日)午後4時~5時15分
【放送局】テレビ東京 テレビ北海道 テレビ愛知 テレビ大阪 テレビせとうち TVQ 九州放送
【出演者】別所哲也 潮田玲子 IMALU 小浜桃奈 本田哲也
番組HP