犬養毅から感謝の手紙も!老舗酒造の開かずの金庫から大量の古銭と〇〇が出た!:所さんのそこんトコロ

公開: 更新: テレ東プラス

tokoro_20220519_06.jpg
内扉の中には、戸棚と4つの引き出しが。上の戸棚を開けてみると、赤いケースと栄養ドリンクの箱が入っており、栄養ドリンクの箱の中には大量の古銭が!江戸時代から流通した寛永通宝で、その数なんと493枚。

tokoro_20220519_07.jpg
さらに、大正時代から発行されていた10銭や、昭和14年の5銭など、箱の中から合計1799枚もの古銭が出てきました。「いやいやもうびっくり」と驚く文伸さん。

続いて赤いケースを開けると、恕一が加入した保険の領収書が。その数約25社分で、株券や契約書類なども大量に出てきました。

tokoro_20220519_08.jpg
左上の引き出しには、文伸さんの祖父・正さんの通帳とお財布が。ずっしりと重いお財布を開けてみると、なんと札束がどっさり! 昭20年頃の5銭札、10銭札などさまざまなお札が118枚も入っていました。

続いて右上の引き出しには、かつて板野家でタバコを販売していたときの書類や、家屋を売買した時の契約書などが。二段目の引き出しは空で、一番下の引き出しには印鑑が入っていました。

tokoro_20220519_09.jpg
さらに、タバコ好きだった恕一が使っていたタバコケースも。帯に引っ掛ける飾りがついていて、当時の生活を伺わせる品です。「ひいおじいさん(恕一)とは一度も会ったことがないので、こういうのを見ると、生きているときに会いたかったなと思いますね」と文伸さん。家にまつわる品やお金など、お宝ザクザクの金庫開錠でした!

金曜夜9時からは、ゲストに高橋ユウを迎えて「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」【開かずの金庫から大量札束&丸亀製麺を支える凄ルール】を放送。

▼開かずの金庫を開けろ!
北海道の老舗に、2つの開かずの金庫があった!果たして無事に開くのか?そして中には何が眠っているのか?

▼大人気チェーン店!秘密の凄ルール
丸亀製麺の人気を支える「うどん&出汁&具材」の味の秘密に迫る!さらに超難関資格「麺職人」とは?

▼あの超有名企業のビックリルーツ
大手コンビニチェーン&世界的タイヤメーカー&超大手家電メーカー!有名企業の創業当初の意外なルーツに迫る!

どうぞお楽しみに!