“お子ちゃま彼氏”で注目度急上昇!中川大輔、恋人には「どこまで嫉妬されても大丈夫」:花嫁未満エスケープ

公開: 更新: テレ東プラス

hanayomemiman_20220512_01.JPG
アラサー女子の恋愛をリアルに描く木ドラ24「花嫁未満エスケープ」で、主人公・柏崎ゆう(岡崎紗絵)と同棲中の"お子ちゃま彼氏"こと松下尚紀を演じる中川大輔さんにインタビュー。ドラマの反響や撮影裏話をはじめ、ドラマ内で起こる恋愛の危機に対して中川さんならどうするかなどを直撃。さらに、美大卒で絵も得意な中川さんに尚紀のイラスト描いてもらいました。

※前回のインタビューはこちら

"クズ彼氏"の反響にビックリ

hanayomemiman_20220512_02.jpg
――前回のインタビュー時はまだクランクイン前でしたが、ドラマの放送が始まって周りからの反響はいかがですか?

「SNSをチェックしたら、尚紀は"クズ彼氏"という反響が多くて(笑)。演じている自分としては尚紀側の気持ちで、まさかそんな反応がくるとは思っていなかったのでビックリしました。でも見ていただいた方の感情を動かせたという意味では、役者として嬉しいです。

僕のことを良く知る友達からは『そのまんまだね』とか『お前が年上彼女と付き合ったらこうなるんだろうな』と言われました(笑)。僕も尚紀のように甘えるタイプなのかも。尚紀には素の僕が反映されている部分も大きいと思います」

――台本で読んだ時の印象より、実際に中川さんが演じることによって尚紀の憎めないかわいらしさが増していますよね。また、尚紀とゆうからは長年お付き合いしている2人の空気感が伝わってきます。ゆう役の岡崎紗絵さんとは、どのような関係性ですか?

「岡崎さんとは、実際に年上女性と年下男子で、カメラが回っていないところでも役の雰囲気そのままです。岡崎さんには何をしても許してくれるような懐の深さがあって、初めて会った時から安心感がありました。僕が思いっきり尚紀を演じても全部包み込んでくれるので遠慮せずに甘えちゃってます」

hanayomemiman_20220512_03.jpg
――印象に残っているシーンを教えてください。

「やはり第6話のゆうとのお別れのシーンです。7年付き合った関係性が表れている特別なシーンだと感じました。実は、演じてみて台本と内容が少し変わったんです。もっと尚紀がすがるシーンがあったのですが、ゆうに完膚無きまでフラれているので、『これ以上食い下がれないんじゃないか』と監督と話し合い、カットすることになりました」

――第6話で、ゆうは尚紀に別れを告げ深見と...!? でも、ゆうは誰を選ぶのか、まだわかりません。中川さんとしては、これからの尚紀に何を期待しますか?

「もっと人の気持ちが分かるようになって欲しいですね。人として成長した上で、またゆうと付き合えたら良いですよね。話が進むにつれて甘ったれだけではない尚紀の魅力が描かれていくので、これからの尚紀にも注目してもらいたいです」

美術大学出身で、「MEN'S NON-NO WEB」で漫画も連載していた中川さんに、"こんな風に成長して欲しい"という尚紀の姿を描いてもらいました。原作者の漫画家・小川まるに先生が中川さんに描いてくれた「尚紀」のイラストと、ご自身が演じる尚紀の写真を参考にしながら、約10分で完成したイラストがこちら!

hanayomemiman_20220512_04.jpg
執筆中の動画は「テレ東プラス」公式Twitterで公開!

恋愛の危機!中川大輔ならどうする?

前回のインタビューで、恋愛コラムや恋愛ドラマを観て女性の気持ちを学んでいると話していた中川さん。そこで「花嫁未満エスケープ」で尚紀が直面した恋愛の危機について、中川さんだったらどうするか聞いてみました。