貧乏から這い上がり年商20億円!木村拓哉も愛用するある物を売りまくって大成功:じっくり聞いタロウ

公開: 更新: テレ東プラス

jikkuri_20220311_05.jpg
堀内さんが経営するのは、ゴローズ(goro’s)の2次販売をしている店「DELTAone」。goro’sとは、日本人の髙橋吾郎氏が創設したアクセサリーブランドで、木村拓哉をはじめ著名人が愛用していることでも知られている。堀内さんは、とび職時代に貯めた2000万円を元手にgoro’sを専門に買取販売する店を始めた。

実はgoro’sの正規店は世界で1店舗しかなく、購入するためには、日ごとに決められた条件を満たす日に店舗前に並び、さらに抽選に当たらなければならない。堀内さんはそこに目を付け、誰でも簡単にgoro’sを購入できるお店をオープン。すると瞬く間にファンの間で話題となり、正規の5〜6倍の値段がついていてもお客さんが殺到。

さらに、2013年に髙橋吾郎氏が他界し、彼自身が制作したものは超プレミア化。店内には2200万円のネックレスや、5000万円のブレスレットなどもあり、「美術品と同じ感覚」と堀内さん。日本のみならず中国などアジア圏にも、欲しい人がたくさんいるのだという。

現在、堀内さんは渋谷・大阪・名古屋・香港に出店し、年商20億円! 全ての商品の値段が上がるわけではなく下がるものもあるため、「その辺を見極めながら買うのが株式と同じでセンスを問われて面白い。のめり込む」と、仕事の面白さを語った。

この他、Paraviで配信中の「ひろゆきの朝までキャバTV」から、キャバ嬢の整形事情や激ヤバ客を一部お届け。