オードリー若林「毎回、即席の漫才をお見せする。『あちこちオードリー』はライブです」

公開: 更新: テレ東プラス

achikochi_20211215_001.JPG
オードリー若林正恭春日俊彰)とゲストがぶっちゃけトークを繰り広げる「あちこちオードリー」(毎週水曜夜11時6分放送)、待望のDVDが本日12月15日(水)に3巻同時発売!

オードリーと佐久間宣行プロデューサーの緊急インタビュー。DVD発売の経緯や収録回の思い出などお聞きした【前編】に続き、今回は事前アンケートも打ち合わせもない完全フリートーク番組の裏側と、前代未聞の試みに挑んできたオードリーの変化、成長についてうかがいます。

1回1回がマッチメイク

――ゲストにも物語がありますね。今回のDVDには収録されていませんが、80~90年代、東京と大阪のお笑いが火花を散らしていた当時のエピソードを今田耕司さんに聞いて(2021年3月23日・3月30日放送)、その答え合わせを中山秀征さん回でやったり(2021年7月7日放送/中山秀征×高橋真麻)。若林さんに刺さりまくったロンドンブーツ1号2号・田村淳さん(2021年6月2日放送)の回で、淳さんがナインティナイン・矢部浩之さんの言葉に救われた話があっての、矢部さんゲスト回(2021年9月15日放送)が実現したり。

佐久間「自然とそうなってくるんですよ。この仕事20年やってくるとわかるんですけど、因縁めいたものとか、そういう流れって、本当にいい番組じゃなきゃできない。『あちこちオードリー』は1回1回がマッチメイクに近いゲストでやってきて、しかもオードリー自身に聞きたいことがちゃんとあるからできるんですよ」

――そのマッチメイク、パンサーさん×佐藤栞里さんの回で、佐藤さんの反省ノートの話から実は向井さんもノートを綴っているという話になり闇キャラ開眼。これがオードリーさんも巻き込んで1回目のオンラインライブの企画になり、その後も定期的に行われることに。

佐久間「あるんですよね、そういう奇跡も。他にもCreepy Nuts、ハライチ、あとニューヨーク...普通だったら同じゲストを何回も呼ばないんですけど、その時々で真っ只中にいる人は1年に1回くらい来てもらってもいいかなと。そんなトーク番組もなかなかないだろうし(笑)、きっと何かが起こるだろうなって。普通であれば、もう話すことねぇよってなるんだろうけど、この番組はそれをやっちゃう」

若林「向井くんなんか、まだまだありそうですもんね。しゃべり足りねぇよって。この番組で散々しゃべったのに、収録から帰る背中見てたら"まだ残してます"って書いてあったから(笑)」

――「裸のトークバラエティ」というキャッチコピーの通り、ゲストもMCもむき出しになります。

若林「かなり特殊ですよね、この番組は。同じ人でも『あちこちオードリー』で会うときと、よその番組で会うときは全然、雰囲気違いますし。この間も、クイズ番組で向井くんと一緒になったとき、2人で目が合って思わず笑っちゃいましたから(笑)」

佐久間「ちょっと照れくさいみたいな?」

若林「それ、ありますね~」

春日「逆に、私の場合は、来ていただいたゲストの方とは"朝まで飲んだ感"があるくらいの距離感になっているんで、次にお会いしたときに、気軽にいっちゃいそうなときが多々あって。"いやいや、飲んでない飲んでない。ただ収録をしただけ"と思い直すこともありますね(笑)」

若林「とにかく収録が濃密だからね」

この番組によるオードリーの変化

achikochi_20211215_002.JPG
――2019年10月のスタートから2年余り。そんな濃密なマッチメイクの数々をそれぞれのやり方で裁いてきたお2人ですが、お互い変化は何か感じますか?

若林「春日はもう、完全なツッコミ芸人になりましたね。この番組によって、よその番組でもツッコむようになってる」

春日「『あちこちオードリー』ではツッコんでるつもりもないんだけどね。ゲストもボケてるつもりはないんだろうから、自然なリアクションというか。でも、それをよその番組でやってビックリされることもあるよ。『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で『おいっ!』とかやったら、隣で南原(清隆)さんが不思議な顔して私を見てたよね(笑)」

――若林さんはMCとしてゲストの人柄を"掘る"番組も多いので、いろんないい影響が出ていそうですね。

若林「そうですね。自分で成長というのも何ですけど、この番組でみなさん何かしら悩んでることを知れたことで、僕自身はめちゃくちゃ悩まなくなりました。もしかしたら、それが一番変わったことかも知れませんね。そりゃあ収録でトークを広げられなかったり拾えなかったりは今もあるし落ち込みはしますけど、"それが普通"と思えるようになって楽になりました」

佐久間「ラジオでも言ってたよね? 今も第一線にいる先輩は、どちらかというと、みんな悩んでるんだなって」

若林「おいそれと悩みを言わないのが日本人の美徳なんでしょうけど、みんな悩んでますからね。後輩とかのメールでも見てて笑っちゃうんですよ。『昨日の収録では...』うんぬん、みたいな。最近はそんな細かいことで悩まないでよ~って思っちゃう」

――「あちこちオードリー」の構成作家オークラさんは若林さんのことを「自問自答の天才」だと。

若林「悩みを全部、自分にぶつけて。自分なりに答えを出して。それが合っているのかどうかわからないっていうのを繰り返していたんですけど、悩んでて普通、悩んでてもいいって。悩みって解決しようとするじゃないですか。でも、悩んでいるからこそ人って面白いと思えるようになったんです」

佐久間「そうなんだよね。暴露番組じゃないから。心の内を吐露する番組だから。視聴者も共感したり救われたり、若林くんのようなことを感じてくれたらうれしいですよね」

――佐久間さんいわく最近は若林さんの方から「こんなことを聞いてみたい」と提案されると。

若林「純粋に僕の方から話を聞きたいんですよ。40歳あたりから、人に対して異様に興味があるんです。だから、どんどん聞きたことが湧いてくるんです」

佐久間「前は自分に精一杯で他人の人間性に興味が持てなかったけど、今はある、って言ってたもんね」

若林「だからかどうか、ゲストのキャリアとか年数(芸歴)とか変に考えず、1回1回その回のゲストに聞きたいことが自然と出てきますし、それでいて『M-1グランプリ』じゃないですけど、毎回タイトルを懸けてると思ってやってますし。毎回、即席の漫才をお見せする。しかも全員のいいところを引き出しつつ、内なる心の声も拾ってあげる...というとちょっと上からになってしまいますが、毎回そんな気持ちで、『対"人"としてしゃべる』の、その一点だけで収録に臨んでいますね。だからライブです、『あちこちオードリー』は」

佐久間「まさにライブ。そのとおりだね」

春日「試合ですよね。そう言うと、ほかの番組はスパーリングなのか?って話なんですけど(笑)、プロレスではない関節の取り合いの勝負ですよね。笑いをベースにした真剣勝負。エピソードトークもなく、フリがあってボケて、落として...みたいなこともないのに笑いが起きる、不思議で非常に疲れる番組。その証拠に、どの収録より終わって眠くなりますから(笑)」

若林「いつも20時には収録が終わるのに、深夜に終わったくらいドッと疲れる」

佐久間「出演者がこんなにドッと疲れるほどの熱量で真剣にフリートークしてる不思議な番組ってほかにないよね(笑)。つくづく変な番組、作っちゃったな」

achikochi_20211215_003.jpg
「あちこちオードリー」初のDVDが、12月15日(水)に3巻同時発売! DVDの"3巻セット"をご購入のお客様には、同時購入特典として「特製マスキングテープ」が付いてきます!

【DVD収録内容】
<出演者>レギュラーMC:オードリー
「ライターにすげぇ観られたくないSP」
<出演者>レギュラーMC:オードリー
ハライチ(2020年6月23日・6月30日放送)/ベッキー×又吉直樹(2020年2月29日・3月7日放送)/ニューヨーク×岡田結実(2020年10月6日・10月13日放送)/キングコング(2020年12月15日・12月22日放送)

「イージーとハードの狭間SP」
<出演者>レギュラーMC:オードリー
バカリズム×東京03(2020年8月4日・8月11日放送)/アンミカ×青山テルマ(2020年2月15日・2月22日放送)/伊集院光×柴田英嗣(2020年3月14日・3月21日放送)/東野幸治×SHELLY(2019年12月28日放送)/フワちゃん(2020年9月15日・9月22日放送)

「ラジオじゃねえんだぞSP」
<出演者>レギュラーMC:オードリー
日向坂46 おしゃべり4<加藤史帆、佐々木美玲、富田鈴花、渡邉美穂>(2020年12月1日・12月8日放送)/佐藤栞里×パンサー(2020年8月18日・8月25日放送)/Creepy Nuts×銀シャリ(2020年1月18日・1月25日放送)/アルコ&ピース×三四郎(2019年11月30日・12月7日放送)

予約受付開始日:2021年10月7日(木) 深夜0時~
発売日(お渡し日):2021年12月15日(水)
発売元:テレビ東京
販売元:テレビ東京
※ローソンLoppi/HMV&BOOKS online/HMV(一部店舗を除く)限定販売

《同時購入特典付き》『あちこちオードリー』DVD3巻セット
特典内容:特製マスキングテープ
価格:8,580円(税込)

・詳細・ご購入はこちら

【プロフィール】
オードリー
若林正恭 1978年9月20日生まれ。東京都出身/春日俊彰 1979年2月9日生まれ。埼玉県出身。
中学校の同級生だった2人により2000年4月に結成。2008年「M-1グランプリ」準優勝をきっかけにブレイク。「あちこちオードリー」「日向坂で会いましょう」「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」(テレビ東京系)、「ヒルナンデス!」「スクール革命!」(日本テレビ系)などコンビでのレギュラー番組に加え、個人での番組も多数。2009年から続くラジオ「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)も人気。

佐久間宣行(さくま・のぶゆき)
1975年11月23日生まれ。福島県いわき市出身。1999年、テレビ東京入社。ドラマのADを経てバラエティーに転属、「ゴッドタン」「ウレロ☆シリーズ」などを担当。2019年4月からラジオ「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)のパーソナリティも務める。2021年3月、テレビ東京を退社しフリーランスに。YouTubeチャンネル「佐久間宣行のNOBROCK TV」、「東京03とスタア」(日本テレビ系)などを手掛け活動の場を広げている。

(取材・文/橋本達典)