小森隼が「スターが現れた。世代交代がきちゃった」とショックを受けたメンバーとは...?:Dreamer乙

テレ東プラス

12月13日(月)深夜0時40分から「Dreamer乙」(ドリーマーおつ)を放送!
GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマー・小森隼と、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのパフォーマー・がMCを務め、自分たちがオーディションを受けていた若い頃の貴重映像を見ながら、当時の裏話や思い出をトークします!

「テレ東プラス」では、12月6日の放送内容をプレイバック!

otsu_20211212_01.jpg
今回は「これまで入りきらなかった貴重映像&秘蔵トーク全部見せますスペシャル!」。THE RAMPAGE from EXILE TRIBE の吉野北人浦川翔平岩谷翔吾をゲストに迎え、秘蔵映像を公開するとともに、赤裸々トークをたっぷりお届けします。

まずは浦川の乙年表(誕生から夢をつかむまでを振り返る)からご紹介。父親が居酒屋を経営していたことから、なんと6歳にして100種類以上のカクテルの名前を覚えていたそう。幼いながらもお店を手伝い、自らお客さんのもとに注文を聞きに行くこともあったといいます。スタジオでは、料理を運ぶ浦川の写真も公開。

居酒屋には、父親の人脈でMr.Childrenのベース・中川敬輔さんや、Dragon AshORANGE RANGE10-FEETなど大物アーティストも多数来店。音楽的な刺激を受けたと語ります。

otsu_20211212_02.jpg
ミーハーで芸能人が大好きな父親。「息子を芸能人にしたい」という思いから、浦川は8歳ですでに芸能事務所のオーディションを10回以上受けていたそう。「当時はスパルタな父親が嫌だったけど、それがなかったら今の自分はない。感謝です」と振り返ります。

9歳の頃には、九州のダンスコンテストで優勝しまくり。全国大会にも何度か出場し、様々なダンサーの卓越したパフォーマンスを紹介する番組「スーパーチャンプル」でも優勝。人前に出る経験を積み、度胸がついたといいますが、小森からは「でも、生放送が苦手なんですよ」と指摘が(笑)。生放送で周りに先輩が多いと、どうしても緊張してしまうのだとか。