米アマゾン、ネット通販事業が大幅鈍化<モーサテ>

テレ東プラス

txbiz_202110291245_02.jpg
アマゾン・ドット・コムは純利益が1年前のおよそ半分に減少し1株利益は市場予想を下回りました。物流コストの増加などが影響しました。

部門別の売上高はクラウドサービス「AWS」が4割近い伸びを見せたものの、主力のネット通販事業は3.3%の増加にとどまり成長が大幅に鈍化しました。また10月から12月期について人手不足やサプライチェーンの問題に対応するために数十億ドルの追加コストが発生する見通しだとしています。

売上高は1300億ドルから1400億ドルの間になる見通しで市場予想を下回りました。この決算を受けてアマゾンの株価は時間外で一時5%を超えて下落しました。

Newsモーニングサテライト