直径23ミリ!のこだわりホットドッグ&ほとんどの客が注文する自家採れ野菜を使ったピザ

テレ東プラス

ニッポンの「リアルなご飯」にスポットをあて、「あなたのご飯見せてください」を合言葉にリポーターが旅を敢行する「昼めし旅」(毎週月~金曜 昼11時40分)。その土地ならではのお昼ご飯や人気店、魅力的なご飯を紹介します。

hirumeshi_20211024_01.jpg
10月13日(水)の放送は、東京都福生市で昼めし旅。市内には米軍基地があり、いたるところでアメリカンな雰囲気を味わえます。そんな福生市で、芸人のアキラ100%さんがご飯調査します。

秋の味覚を使った贅沢ホットドッグ

hirumeshi_20211024_02.jpg
まず訪れたのは、福生市に本社を置くハムメーカー「大多摩ハム」の直営店「シュトゥーベン・オータマ」。隣には工場があり、そこで製造されたハムやソーセージ、ベーコンなど、常時40種類以上を販売しています。

hirumeshi_20211024_03.jpg
大多摩ハムのこだわりは、1932年に創業してからずっと国産豚肉だけを使っていること。さらに創業以来続けているドイツの伝統的な製法、直下式燻製は、肉を下ゆでせずに直接燻すため、肉の旨みを損なわずに凝縮させることができるそうです。

hirumeshi_20211024_04.jpg
そんなこだわりのソーセージを使った、福生のご当地グルメが「福生ドッグ」。使用するソーセージのサイズには決まりが...。長さは市内を走る国道16号線にちなみ16cm、太さは福生の語呂合わせで直径23(ふっさ)mm。市内の居酒屋さんやパン屋さんで、それぞれオリジナルのトッピングにこだわって販売されているそう。

ちなみに大多摩ハムの「福生ドッグ」は、ドイツパンにソーセージだけでなく大きなベーコンをどーんと挟んだ肉々しいひと品。ソーセージの原料には、ほのかな甘みとさっぱりした脂肪が特徴の東京都のブランド豚「TOKYO X」が使われています。

試食させていただいたところで、例のお願いを...。

「あなたのご飯、見せてくださ~い」!

交渉成立! この日は新メニューの試食があるそうで、お店の2階にあるレストランへ。

hirumeshi_20211024_05.jpg
まずは、パンにボイルしたソーセージを挟み、カボチャのペーストにベーコンやシメジ、タマネギを混ぜた、コンソメベースのホワイトソースをたっぷりのせます。さらにチーズをのせ、ブラックペッパーとパセリをふりかけ、オーブンで5分ほど焼いたら...カボチャグラタンのホットドッグができました!

hirumeshi_20211024_06.jpg
続いては、お店の人気商品であるレバーペーストとベーコンを使ったクリームパスタ。レバーペーストをバターで弱火にして炒め、つぶしながら伸ばしていきます。そこへベーコンとシメジを投入。シメジに火が通ったらパスタの茹で汁と豆乳を加えて煮詰め、最後にチキンコンソメと塩コショウを加えます。塩はレバーペーストとチキンコンソメに塩気があるので少なめに。ソースが煮詰まったら茹でたパスタを絡めます。

hirumeshi_20211024_07.jpg
こちらが大多摩ハムのまかない。新メニューの試作品です。この日は女性スタッフ3人が試食し、いずれも高評価だったのでレストランの新メニューに並びそうですよ。これからもこだわりのおいしいソーセージを作り続けてください。ありがとうございました!

レタスとジャガイモを豪快に使ったレシピが登場!

hirumeshi_20211024_08.jpg
続いては、お店を開いて30年になるという地元で評判のイタリアンレストラン「農家のイタリアン3.14」。年間40品目ほど、料理で使う野菜のほとんどを自家栽培しています。

hirumeshi_20211024_09.jpg
旬の野菜が山盛りの「本日のおまかせサラダ」は、ニンジンやオクラ、花オクラ、トマト、サツマイモ、シャドークイーン、ヤングコーンなど約20種類の野菜が使われています。ニンジンとニンニクの特製ドレッシングでいただきます。

hirumeshi_20211024_10.jpg
お店の看板メニューは「てんこ盛り野菜のピッツァ3.14」。ほとんどのお客さんが頼むという人気メニューです。野菜たっぷりの名物メニューを堪能したところで、例のお願いを...。

「あなたのご飯、見せてくださ~い」!

交渉成立! まかないを見せていただきます。

hirumeshi_20211024_11.jpg
まずはチャーハン作り。フライパンに卵を割り入れ、ほぐし、玄米入りご飯を入れて炒め、塩・コショウ・醤油で味付け。そこへレタスを入れてさっと炒め、別に焼いておいた牛肉を入れて混ぜます。仕上げにごま油をかけたら出来上がりです。

hirumeshi_20211024_12.jpg
もうひと品は、チーズとタルタルソースをかけたジャガイモをオーブンで5分ほど焼き、軽くあぶったバゲットに挟んだサンド。

hirumeshi_20211024_13.jpg
こちらが「農家のイタリアン3.14」のまかない。ランチ営業が終わると、いったん店を閉め、そのまかないを持って畑へ。スタッフの皆さん揃って腹ごしらえをして、ディナータイムまで農作業をするのだそう。これからもおいしい野菜をふんだんに使った料理でお客さんを楽しませてくださいね。貴重なお野菜を使った料理をごちそうさまでした!