米アマゾンが家庭用ロボットを発表 その狙いは?<モーサテ>

公開: 更新: テレ東プラス

txbiz_202109291130_01.jpg
アマゾン・ドットコムは28日、人工知能「アレクサ」を搭載した家庭用ロボットを初めて発表しました。ディスプレーが特徴的な家庭用ロボットの「アストロ」です。

アストロが室内を動き回ることで外出先から自宅の様子を確認できるほか、このように、上下に操作できるカメラを使って、コンロの状況を見ることもできます。また、アレクサの機能を使った音楽の再生や、ビデオ通話もできます。アストロの購入申し込みは28日に、アメリカ国内で招待制として始まり価格は999ドルとなっています。日本での発売は未定です。

家庭用のロボット事業に参入した狙いについて、アマゾンの担当者は、テレビ東京の取材に「目指すのは、家庭内でテクノロジーとの新たな付き合い方を提供することだ。自宅のモニタリングや大切な人の介護にも使えるので、気に入ってもらえるだろう」と述べています。

Newsモーニングサテライト