史上最高のスイッチヒッター、元プロ野球選手Mが総額1億円の詐欺に:じっくり聞いタロウ

公開: 更新: テレ東プラス

売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時放送)。8月26日(木)の放送では、元プロ野球選手の松永浩美が、現役時代のMAX年俸から、2度大金を騙し取られた一部始終を大暴露!

松永浩美は1978年に阪急ブレーブスに入団。その後、阪神タイガース、福岡ダイエーホークスに移籍し、セ・パ両リーグで活躍。プロ野球史上最高のスイッチヒッターとも称され、輝かしいプロ野球生活を送っていた。そんな松永のMAX年俸は2億2000万円、プロ野球生活で稼いだ総額は約11億4000万円に! しかし、その裏で2度も大金を騙し取られていた。

jikkuri_20210829_02.jpg
1度目は、信頼していた友人夫婦から「会社の利益が足りないから投資してほしい」と持ち掛けられる。松永は投資のつもりでお金を渡すが、気がつけば毎月のようにお金をせびられ、その総額は1億円! 一切返済がなかったので不審に思い取り立ての連絡をするが、最終的には音信不通となり回収をあきらめることになってしまった。

2度目は、1994年、前年の税金を払うために準備していた大金を全額失う詐欺に遭ってしまう。松永は前年の税金1600万円を払うため現金を準備していたが、生まれたばかりの子育てに追われる奥さんの代わりに税理士が支払いにいくと申し出る。ところが、税理士は、そのままお金を持ち逃げしてしまった。松永は「痛いけど、いい勉強になった」と、その後、滞納分を10年掛けて支払ったという。

松永は現役引退と時を同じくして離婚するが、2010年に18歳下の女性と再婚。52歳で第一子が誕生し、二男二女の父親になっている。現在は、子どもたちに野球の楽しさを教えるためYouTubeで動画配信をしている。

ほか、カブキロックスの氏神一番が、3度も金銭トラブルの数々に巻き込まれた真相を、アスリートタレントの池谷直樹が、スポーツバラエティで荒稼ぎした賞金額から借金を背負った裏側までを大暴露!