『私が女優になる日_』人気バイプレイヤー山中崇・原金太郎が共演!

TBS Topics


TBSでは、全国の10代の女性を対象に、将来ドラマで活躍する女優を発掘・育成する「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」を昨年12月に発足し、オーディションを開催。

このプロジェクトは、幅広い世代に人気の俳優・タレントが所属する「田辺エージェンシー」と、数多くの番組、ドラマ、映画から、アイドルや楽曲など様々なエンターテインメントを手掛けてきた秋元康がタッグを組む。TBSからは、人気ドラマ『半沢直樹』『MIU404』『私の家政夫ナギサさん』『テセウスの船』『恋はつづくよどこまでも』ほか数々のヒット作を手掛けてきたドラマ制作陣らが参画して、ともに「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」のメンバーを選出し、デビューまでを全面的にサポートする。

オーディションには約9000人の応募が集まり、審査を重ねた結果、プロジェクトメンバーとして活動していく10名が決定。10名は今月17日(土)にスタートしたプロジェクトタイトルと同名の番組『私が女優になる日_』で、彼女たちのために制作する青春群像劇のドラマへの出演をかけて、演技バトルを繰り広げている。

毎週オリジナル脚本による演技課題が彼女たちに出され、自分で撮影する課題演技の動画と、スタジオで審査員の前で行う演技バトルで審査。審査員の投票ポイントの累積でランキングがつけられる。最初の課題脚本は人気脚本家の岡田惠和が手掛け、明日の放送から2週にわたって使用するオリジナル脚本は、人気CMプランナーの澤本嘉光がこの番組のためだけに書き下ろした。数多くのCMを手掛けてきた澤本ならではの、実際の商品を使ったCM風の脚本と、コメディ要素の高い脚本となっている。

また、今回のスタジオでの演技バトルでは、数多くの映画やドラマ、舞台で活躍する人気バイプレイヤーの山中崇原金太郎が彼女たちと共演。俳優との初共演にリハーサルから泣いてしまうメンバーも出るほどの緊張感のなかで収録は行われた。スタジオではCM風脚本で演技バトル。CMという短い時間で、テンポの良い掛け合いや演技の流れから商品をPRすることの難しさに苦戦するメンバーたち。果たして、山中、原に対してどんな演技を見せるのか? そして、前回からの成長を見せることができるのか?

『私が女優になる日_』では、地上波の放送、バーティカルシアターアプリ smash.の「収録ドキュメンタリー」のほか、ディレクターズカットの完全版を動画配信サービス「Paravi」で配信。また、地上波で放送しきれなかった演技バトルは公式 YouTube チャンネル「私が女優になる日_」で公開中。
普通の女の子だった10名のプロジェクトメンバーが、主要キャストとしてTBSドラマへ出演し、「女優になる日」までの軌跡をぜひ見届けていただきたい。

TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』

プロジェクトメンバープロフィール(※50音順)

女優女優

番組概要

[タイトル]
TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』
[放送日時]
毎週土曜深夜24:58~25:28(※地域により放送時間が異なります)

[スタッフ]
製作著作 
TBS
チーフプロデューサー 
福田健太郎
プロデューサー 
伊藤良美
ディレクター 
野村和矢

番組公式サイト

https://www.tbs.co.jp/watajo_tbs/

番組公式SNS

[Twitter] @watajo_tbs
[Instagram]watajo_tbs
[TikTok]watajo_tbs
[YouTube]詳細

PICK UP