田村真子アナが考えるSDGs、「平和と公正」という難しいテーマにどう向き合う?

TBS Topics


国連加盟193か国が2030年までに達成するために掲げた目標SDGs。昨今では多くの企業でもSDGsの取り組みが活発化しています。

その中、TBSは報道機関として、SDGsメディア・コンパクトに加わり、SDGsの目標達成に向けた参画の拡大を呼びかけており、昨年につづいてこの4月26日から『地球を笑顔にするWEEK』と題してSDGsキャンペーンを実施。大使を務める17人のTBSアナウンサーたちが今回のテーマ「やってみようよ、SDGs」で考えたこととは?

田村真子の「やってみようよ、SDGs」

『ラヴィット!』『クイズ!THE違和感』などの番組を担当している田村真子アナウンサーが呼びかけるSDGsとは。

SDGsゴール16:平和と公正をすべての人に

SDGsゴール16は、すべての人にとって平和な社会を推進するための目標です。あらゆる暴力をなくすことが必要です。日本の場合、紛争と言うと身近ではないかもしれませんが、暴力はなくなっているとは言えません。子どもへの虐待や差別など、日本にも多くの課題があることを忘れてはいけません。

SDGsゴール15SDGsゴール15

TBSの『地球を笑顔にするWEEK』は、4月26日から5月5日まで。
詳細はキャンペーンサイトで見ることができます。

杉山真也アナの「やってみようよ、SDGs」
小林廣輝アナの「やってみようよ、SDGs」
山形純菜アナの「やってみようよ、SDGs」

PICK UP