阿部寛16年ぶりの桜木に興奮!?『ドラゴン桜』ポスター撮影に潜入~大人編~

TBS Topics


2021年4月期にTBS日曜劇場で放送される阿部寛主演の新ドラマ『ドラゴン桜』。3月3日に阿部演じる桜木と長澤まさみ演じる水野以外がシルエットになったポスタービジュアルが公開、先生や生徒を演じるキャストの予想で盛り上がる中徐々にシルエットが解禁され、3月18日に完成形が仕上がるという企画が話題に。今回、その撮影現場に潜入した模様をご紹介。第一弾として、阿部寛、長澤まさみ、及川光博江口のりこ早霧せいな佐野勇斗ら“大人キャスト”のポスタービジュアル撮影の様子を伝える。

今作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)にて2018年から人気連載中の三田紀房による「ドラゴン桜2」が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である「ドラゴン桜」(2003年~2007年連載/講談社)の15年後を描く続編で、“令和”になった今だからこそ日曜劇場でやるべきエッセンスを取り入れたドラマオリジナルの展開も盛り込まれる予定だ。

16年ぶりに桜木が帰ってきた!懐かしさに膨れる期待

2月上旬、約16年ぶりに真っ黒なスーツにちょっとゆるめた真っ黒なネクタイ、無精ひげという“桜木”スタイルで撮影スタジオに登場した阿部寛。イメージ図を見ながらデザイナーと打ち合わせしつつ、カメラの前に立つと「動きがあった方が良いかな?」と自ら提案しながらさまざまなポーズで撮影を重ねていき、前作のポスタービジュアルを意識してネクタイをひらりと舞わせるカットも撮ることに。阿部が「せーの」と合図を出しながら勢いよくネクタイを跳ね上げてカメラマンと息を合わせて撮影に臨み、あの頃とそん色のない“桜木”の姿を見せ、見守っていたスタッフらも「桜木だ~!」とテンションが上がり期待に胸膨らませた。

また、ポスタービジュアルで実際に使われている、見る人々の心を射貫くような力強い指差しのカットでは、劇中のセリフを言いながら臨場感のある撮影を重ねた。会心の1枚が撮れた時には阿部が「今までで一番いいんじゃない!?」と興奮気味にカメラマンたちにアピールし、モニターで確認したプロデューサーらからも「完璧です!」という声が上がっていた。その言葉通り、ポスタービジュアルも完璧な仕上がりだ。

水野直美役:長澤まさみ水野直美役:長澤まさみ

長澤まさみが見せる“成長した水野”に注目!

阿部と同じく、桜木がかつて受け持った"東大クラス"の教え子・水野直美役の長澤も16年ぶりに『ドラゴン桜』に登場。水野は家庭の事情で東大受験を断念するも、一浪の末に東大に合格し、その後、弁護士資格を取得して桜木が経営する法律事務所に入所したということで、撮影スタジオにはベージュのスーツに弁護士バッジを付けた長澤の姿が。弁護士らしいクールな表情で“成長した水野”を見せつつも、カメラマンから「いいですね!」という声がかかると、あの頃と変わらないキュートな笑顔もこぼしていた。撮影の合間にはプロデューサーらと思い出話に花を咲かせ、久々の『ドラゴン桜』を楽しんでいるようだった。

岸本香役:早霧せいな岸本香役:早霧せいな

長澤の次は早霧の撮影が。少し早くスタンバイが完了した早霧はモニターで長澤の撮影の様子を見学。ちょっと緊張した面持ちも覗かせていたが、撮影が始まるとデザイナーやカメラマンと共に弁護士らしいポーズを打ち合わせながら見事に応え有能な弁護士・岸本香を見事に表現していた。

高原浩之役:及川光博高原浩之役:及川光博

その後には、桜木と水野に学校再建の依頼をする教頭・高原浩之役の及川の出番が。優雅なお辞儀で「よろしくお願いします☆」とカメラの前に立つと、デザイナーの「凛としたクールな感じで」などのリクエストに応え、さまざまなポーズを決めていた。さらに、「笑顔はなしでいい? ハニカミくらい?」ときらめきたっぷりに自らも提案し、楽しそうに撮影を進めていた。

龍野久美子役:江口のりこ龍野久美子役:江口のりこ

また、今作で桜木たちの前に立ちはだかることになる学園の理事長・龍野久美子役を演じる江口の撮影も。実は前作に出演していた江口だが、1話のみの出演だったこともあり記憶が朧気のようで「16年前と聞いてびっくりしました。赤い特攻服を着たのは覚えているんですけどね(笑)」と振り返っていた。今回は全く違う役柄での出演ということで、ポスタービジュアルのラフをデザイナーと確認しつつ、モニターで撮影したカットを見てイメージを固めていき、理事長らしい貫禄のある姿を見事に作り上げていた。

米山圭太役:佐野勇斗米山圭太役:佐野勇斗

そして、桜木の元教え子・米山役の佐野は「『ドラゴン桜』を観てこの業界に入ったと言っても過言ではないくらい大好きです!」というほど今作への出演を喜んでおり、ビジュアル撮影も楽しそうに参加。ミステリアスな雰囲気を纏う米山ということで撮影中はクールな表情を見せていたが、合間にはモニターを確認しながらメイキング撮影していたカメラマンに楽しそうに写真の仕上がりを伝えるなどお茶目な姿を見せていた。本作に生徒役で出演する髙橋海人とは友達ということでずっと共演したいと話していたらしく、そのことでも期待に胸を躍らせている様子だった。

“令和版”『ドラゴン桜』は4月スタート。個性豊かな実力派俳優たちの化学反応でどんな物語が展開されるのかに注目だ。

番組概要
[番組名]
日曜劇場『ドラゴン桜』
[放送日時]
4月スタート 毎週日曜よる9:00~9:54