食糧問題解決のため、「雑草」を食べる時代が来る!?

TBS Topics


現在、世界では9人に1人が飢餓に苦しんでいる(FAO 世界の食料安全保障と栄養の現状2019年報告)といいます。そんな食糧問題を“雑草”で解決できないかと考える、「合同会社つむぎて」の前田さんの活動に注目しました。

雑草を使った料理を

前田さんが一番力を入れているのが、雑草を食べ物にすること。自身が開催するイベントの“雑草の摘み取り体験”においては、お昼ごはんに雑草を材料にしたお弁当を振る舞っています。

雑草をつかったお弁当雑草をつかったお弁当

誰が食べても美味しい料理にして、その魅力を広めていきたいと前田さんは考えています。

食べる上での問題は、“えぐみ”や“苦み”。それを解決するため、料理人の方と協力して作りだしたのが「雑草と猪肉の冷しゃぶサラダ」です。

雑草と猪肉の冷しゃぶサラダ雑草と猪肉の冷しゃぶサラダ

甘味のある脂を持つ猪の肉と、雑草の苦み・酸味が合わさり、口の中でいいバランスに。また、クルミが使われた味噌だれ風ドレッシングによって、えぐみも解消しています。

料理には複数の雑草を使っている料理には複数の雑草を使っている

料理には複数の雑草を使っていますが、イベントの参加者に食べてもらったところ、「全然臭みがない、おいしい」と好評でした。

雑草には無限の可能性が

前田さんは他にも、農地を借りて色々な雑草の栽培を行っています。それらの活用法は、発汗を促す韓国の民間療法「よもぎ蒸し」の材料にしたり、環境に優しいエネルギーづくりを目指して「バイオエタノール」の原料にしたりしています。

色々な雑草の栽培を行っている色々な雑草の栽培を行っている

過去の体験から雑草に無限の可能性を感じ、学生時代は京都大学の大学院で「雑草学」を専攻していたそう。前田さんは今日も、雑草の新たな可能性を追求しています。

前田さんは今日も、雑草の新たな可能性を追求している前田さんは今日も、雑草の新たな可能性を追求している

※有毒な雑草もあるので、むやみに食べるのは控えてください。


12/20放送の「BACKSTAGE」

BACKSTAGE

CBCテレビ:日曜よる11:30~

PICK UP