【国内シェア95%】海外からも注目される「全自動どら焼き機」って?

TBS Topics


海外からも視察殺到!全自動どら焼き機って?

デパートにある名店やコンビニ、スーパーなど、国内で売られているどら焼きの95%以上を作っている「全自動どら焼き機」。

全自動どら焼き機全自動どら焼き機

この1台で、均一な焼き色と形のどら焼きを1時間に2400個も作ることができます。

海外ではパンケーキ製品を作るのに使われており、コロナ以前は国内外の和菓子や洋菓子メーカーが、週に6~7社も視察に訪れるほど注目されているマシンです。

なぜ注目されるの?全自動どら焼き機のスゴいポイント

どら焼き作りで一番大事なポイントは、上と下の生地をぴったりと合わせること。全自動どら焼き機のスゴさは、ズレなくぴったり合った、完璧などら焼きを作れる点にあります。

上下の生地がぴったり合う上下の生地がぴったり合う

その秘密は、「位置決め装置」。生地を合わせる前など、大事な工程の前で細かい位置をコントロールする装置がたくさん付いているので、ぴったり上下を合わせることができます。

位置決め装置位置決め装置

さらに、位置決め装置が生地にくっついてしまうことがないように、少量のアルコールをたらすという工夫も。「単純な技術のように見えて、他社には絶対マネできない」と社長が自信を持っています。

1960年から売れ続けているスゴいマシン

全自動どら焼き機を開発したのは、食品加工機械を製造する老舗メーカー「株式会社マスダックマシナリー」。
1台4000万円という価格ながら、1960年の発売以来約60年売れ続け、世界30ヵ国で約1600台を販売している超ロングセラーマシンです(※2020年10月放送時。タイプにより値段は変わります)

長年にわたり需要が減らない秘訣は、菓子メーカーによって微妙に異なる材料や形に合わせて機械を微調整し、きめ細やかに対応しているから。

微妙に異なる材料や形に合わせて機械を微調整微妙に異なる材料や形に合わせて機械を微調整

さらに、株式会社マスダックマシナリーは、海外では珍しい日本の「蒸しケーキ」をヘルシーな「蒸しドーナツ」として海外で販売するようすすめ、大ヒットさせています。
これからも世界で広く活躍していきそうです。