実演販売士たちが在籍する会社では、自分たちで商品も作っていた!?

TBS Topics


“自分で作って自分で実演販売”している会社って?

自社が企画した商品を、自社で実演販売する「コパ・コーポレーション」には、テレビでおなじみの実演販売士・レジェンド松下さんをはじめ、29人の販売士が在籍しています。(※2020年7月時点)

しかしその本業は、販売士のマネジメント会社ではなく、実演販売のできる卸売業。売上げの96%を自社開発の商品が占めています。

実演販売×自社開発のメリットとは?

① お客さんの要望を商品開発に反映

お客さんと直接やりとりする実演販売では、要望やクレームを逐一把握することが可能。お客さんが欲しいと思っている商品を、即座に反映して開発できます。

たとえば、「爪磨きがスゴい!」というお客さんの要望を受けて、爪磨きと同じ素材でかかとの角質落としを開発。

爪磨きと同じ素材でかかとの角質落としの開発爪磨きと同じ素材でかかとの角質落としの開発

その他にも、「振ると一瞬で冷たくなる布(※商品名:MUGEN COOL)で、紫外線から手を守るカバーを作ってほしい」というお客さんの要望を受け、「MOGEN COOLアームカバー」の開発も行いました。

MOGEN COOLアームカバーMOGEN COOLアームカバー
 

②良いものはすぐに商品化

実演販売を行っていると、様々な新しい素材についていち早く知ることができ、良いと思ったものはすぐに商品化しています。

たとえば、“ガラスを曇らせない液体”の情報を得た際には、液体を応用して「幸せなくもらないメガネふき」を開発しました。

幸せなくもらないメガネふき幸せなくもらないメガネふき
 

③ 開発と実演販売が同時進行!?

コパ・コーポレーションは、商品開発をメーカーと共同作業で行い、年間約30アイテムを開発。開発する際には、同時に実演販売用のデモンストレーションも考案しています。

たとえば、小型水筒を極限まで軽くした「Gゼロマグボトル」は、風船につけて宙に浮かせることで軽さをアピール。

実際に見せてアピール実際に見せてアピール

商品開発の段階でその魅力を伝える実演販売をすることで、共同開発しているメーカー側が販売時のイメージをもてるようにしています。

売る人が“何が売れるか”を考え、自ら作るコパ・コーポレーション。2020年の売上高は56億円と、右肩上がりに成長を続け、同年6月には東証マザーズに上場を果たしています。


8/9(日)の『がっちりマンデー!!

がっちりマンデー!!

日曜あさ7:30~

 

PICK UP