ハワイでよく見かける言葉「エディ・ウッド・ゴー」を知っていますか?

TBS Topics


海のヒーロー、エディ・アイカウ

ハワイの街中やショップに貼られたステッカーでよく見かける言葉があります。「エディ・ウッド・ゴー(エディなら行くぜ)」。ハワイの人々が、“大きな挑戦を前にしたときに自分たちを鼓舞してくれる”と大切にしている言葉です。

「EDDIE WOULD GO」「EDDIE WOULD GO」

エディとは、サーフィンの聖地ハワイにおいて伝説のサーファーでありライフガードだったエディ・アイカウ(1946-1978)のこと。

エディ・アイカウエディ・アイカウ

数々のサーフィンの大会で優勝した実力をかわれ、オアフ島北部のワイメアベイでライフガードを務めます。ベテランサーファーさえ溺れるほどの荒波で知られる海で、エディが守った10年間の死者はゼロ。

オアフ島ワイメアベイは波が荒いオアフ島ワイメアベイは波が荒い

水上バイクや救助用ヘリのない時代に、サーフボードとフィン(足ひれ)だけで数百人の命を救いました。ホノルルの地元新聞でも「他のライフガードがあきらめるような波でもエディなら駆けつけ、必ず救ってくれる、我らがヒーロー」と、その功績を称えられました。

仲間のためにサーフボードで嵐の海へ

そんな中、ハワイ中の注目を浴びる計画への参加が決まります。ハワイアンの先祖の船を再現した「ホクレア号」に乗り、波と風の力だけでタヒチまで航海する一大プロジェクトです。

ホクレア号ホクレア号

しかし、ホクレア号は嵐に遭遇し、横転。無線も壊れてしまいます。最寄りの島は30km以上離れ、クルーの中には不安でパニックを起こす者も出ました。

荒波の中、エディは「自分が助けを呼びに行ってくる」とサーフボード一つで漕ぎ出していきます。数時間後、偶然通りかかった飛行機に発見されたクルーは全員救助されましたが、エディだけは戻りませんでした。

ホクレア号にエディの名前がホクレア号にエディの名前が

その後、エディの名が刻まれた銘板とともに、ホクレア号はタヒチへの航海を成功させ、2017年には世界一周まで成し遂げました。当時のクルーたちはエディを「すごい勇気だ」と称え、「遠ざかっていく姿を今も忘れられない」と言います。

危険を冒してまで仲間を助けようとしたエディの勇気は、「エディ・ウッド・ゴー」の言葉に姿を変えました。彼の精神は、サーファーはもちろんのこと、ハワイ中の人々の心に刻まれ、今も大きな影響を与えています。


■6/20(土)の『世界ふしぎ発見!

世界ふしぎ発見!

土曜よる9:00~