新時代のとんかつ!? テイクアウトもできる“低温”とんかつとは

TBS Topics


「とんかつ=揚げたて」の時代は終わった!?

揚げたてのアツアツではなく、あえて時間をおいてから頂くという、「とんかつ七井戸」の進化系とんかつが話題となっています。

「とんかつ七井戸」のとんかつ「とんかつ七井戸」のとんかつ

サクサクの衣に包まれた、ほのかにピンクがかったお肉は、驚くほどしっとりと柔らか。絶妙な火入れが生み出す“奇跡の食感”を楽しむことができます。

しっとり食感の秘密は“低温”

新食感の秘密は、150℃の低温ラードで時間をかけて揚げること。揚げる際の「ジュワッ」という音がしないほど低温の油で、お肉にゆっくりと火を通していきます。

150℃の低温ラード150℃の低温ラード

さらに、揚げたお肉を休ませて、余熱でじっくりと火入れ。お肉にストレスをかけないようギリギリの加減で加熱することで、肉汁あふれる、柔らかな食感のとんかつが完成します。同時に余分な油も落ちて、衣はサクサクに。

低温×余熱で仕上げたこだわりのとんかつ低温×余熱で仕上げたこだわりのとんかつ

脂っこくない、軽い口当たりのとんかつに仕上げるので、さっぱり頂けると女性にも人気です。

おうちでもしっとり食感を楽しめる

東京・渋谷にお店を構える「とんかつ七井戸」では、2020年4月からテイクアウトを開始。ロースの旨味があふれる「ロースかつ弁当」をお持ち帰りできます。

テイクアウト可能な「ロースかつ弁当」テイクアウト可能な「ロースかつ弁当」

もちろん衣はサクサクで、お肉は絶妙なしっとり食感。低温×余熱で仕上げたこだわりのとんかつを、おうちでも楽しむことができます。

進化系とんかつ進化系とんかつ

店名:とんかつ七井戸
住所:渋谷区神宮前3-42-11
※営業状況については事前にご確認ください

 

PICK UP