たった2つ!自分の思っていることを上手く伝えるためのコツ

TBS Topics


伝えるコツ① 話し始めは全体像から

思っていることをわかりやすく伝えるコツは、まず全体像から伝えるようにすること。
たとえば、映画「タイタニック」の内容を伝える場合…

〇 分かりやすく伝える例

最初にストーリーの概要である「貧困の青年と大富豪の女性が恋に落ちるラブロマンス」であることを話すと、聞き手は全体が理解でき、続く細かい情報も頭の中に入ってきます。

× 分かりづらい例

「沈没する船に乗って…」と細かい場面の描写から始めてしまうと、聞き手は全体がどうなっているかを理解することができません。そのため、話がうまく伝わりません。

伝えるコツ② 具体的に話す

思っていることを上手に伝える2つ目のコツは、具体的に話すこと。たとえば、階段を降りるバネのおもちゃ「レインボースプリング」を説明する場合を考えてみましょう。

具体的に伝えるポイント

説明したい対象がおもちゃであることをまず伝えたうえで、「直径が7~8cmの大きなバネ」という見た目を具体的に説明します。

見た目を具体的に説明見た目を具体的に説明

そして「階段の上からバネを落とす」という具体的な遊び方の説明や「(動きの)イメージはシャクトリムシ」など、具体的な特徴を言葉にするのが、伝わりやすい話し方です。

分かりづらい説明にはワケがある!

レインボースプリングの遊び方の説明をする際に、擬態語を使って説明してしまうと、伝わりづらい説明になってしまいます。

擬態語を使うと分かりにくい擬態語を使うと分かりにくい

例えば、遊び方を説明する際に、形・色・大きさなどの情報が何もない状態で「バッタンバッタン」と擬態語で伝えても、聞き手には「どこのどんな音なのかが分からないため」です。

また、「アレ」や「あの」など、話している本人しかわからない指示語を使うのも、聞き手には全く理解できないのでNGです。

思っていることをなかなかうまく伝えられないと、聞き手をイライラさせてしまうことも。ぜひ、この2つのコツを踏まえて話をするようにしてみてください。

 

PICK UP