丸亀製麺の会社が出資する「ヘアカラー専門の美容室」が超魅力的

TBS Topics


丸亀製麺がなぜ美容室に出資?

うどんチェーン「丸亀製麺」を運営する会社・トリドールホールディングスは、ヘアカラー専門の美容室「fufu」を運営するファストビューティーに出資。

「食のアプローチだけでなく、様々な分野から幅を広げていきたい」という背景や「より多くのミドルシニアに明るい人生を応援したい」という想いから、出資を行っています。

人気の理由は驚愕のコスパ

「髪は切らずカラーだけ変えたい」という人や、白髪が気になる40代以上の女性たちに大受けのfufu。人気の理由は、圧倒的なコスパの良さにありました。

① ヘアカラーが圧倒的に安い

部分染めは1650円、全体染めはショートで3400円、ロングでも3900円と、一般的な美容室のおよそ半額の料金でカラーリングを提供しています。

半額以下の料金でカラーリング半額以下の料金でカラーリング

安さのヒミツは、ヘアカラー専門にすることで徹底した効率化を図っているから。

一般的な美容室では、カットやカラーのお客さんが混在するため、待ち時間が多くなってしまいます。
しかし、カラーだけであれば、施術後は髪が染まるのを待つだけ。その間、他のお客さんへの対応が可能です。1人の美容師がたくさんのお客さんに対応できることで、驚きの低価格を実現しています。

② 待ち時間、ほぼなし!

fufuでは、約60分でカラーリングを実施。カットとカラーを一緒にする美容室に比べて時間がかからないため、お子さんのお迎え前など、スキマ時間を使って気軽にカラーチェンジできることも人気の理由です。

また専用アプリで簡単に予約ができ、ほとんど待ち時間がありません。

アプリ予約で待ち時間ほぼなしアプリ予約で待ち時間ほぼなし

fufuはヘアカラーの種類も豊富です。好きな色を選ぶと、資格を持った美容師が丁寧に対応。毛染め液を塗り、最後はしっかりシャンプーもしてくれます。

ヘアカラーの種類が豊富ヘアカラーの種類が豊富

出資を受ける3年前は4店舗ほどだったfufuは、今や全国に89店舗(※2020年4月時点)まで拡大し、絶好調!
うどんに特化した丸亀製麺と、ヘアカラーに特化したfufu。全く違う業態ですが「単品生産で効率化を図る」というビジネスモデルが共通していた両社。今後の展開がますます期待されます。

※新型コロナウイルスの影響など、営業状況については事前にご確認ください