64万円でも大ヒット!人の手を再現した「究極のマッサージロボット」

TBS Topics


究極のマッサージロボ

人の手を再現した、究極のマッサージロボット「ルピナスロボ」。64万円という高価格ながら、発売から1年少しで8,000台も売れています。

「ルピナスロボ」「ルピナスロボ」

大ヒットの理由には、究極の名にふさわしいスゴ技機能と画期的な販売方法がありました。

ヒットの理由① プロのスゴ技機能を搭載

ルピナスロボには、プロのマッサージ師の技を再現した2つのスゴい機能があります。

1. 凝り具合にあわせてもむ

ルピナスロボは、マッサージ機に座った人の”その時の筋肉の状態”にあわせて、最適な強さでもむ最新機能を搭載。もみ玉が背中の筋肉を押しながら凝り具合を計測し、特に凝っている所は強めに押してくれます。

もみ玉が、背中の筋肉を押しながら凝り具合を計測もみ玉が、背中の筋肉を押しながら凝り具合を計測

「凝っている所はございませんか」と聞いて力加減を調整してくれる、マッサージ師の技術を再現しているとも言える機能です。

ちなみに、もみ玉のカーブは親指と同じ形。そこまで考えてつくられているのですね。

もみ玉のカーブは親指と同じ形もみ玉のカーブは親指と同じ形

 

2. つかみもみ機能

従来は「押す」「叩く」という機能しか備わっていなかったマッサージ機に、「つかみもみ」という新しい動きを搭載しています。

つかもみ機能つかもみ機能

腕をつかみながらもむという、マッサージ師の手の動きを再現。進化を遂げた機能が備わった、まさに最先端のマッサージ機です。

人の手の掴んでもむという手の動きを再現人の手の掴んでもむという手の動きを再現

 

ヒットの理由② 業界初の「一括払い禁止」

ルピナスロボが高価なのに売れるのは、家電業界初の一括払い禁止という販売方法が取られていることも理由のひとつ。購入は、月々1万700円の59回払い。総額で64万6,800円を支払います。

高価であってもサブスク感覚の分割払いで買えるように設定されているので、購入のハードルが大きく下がります。
特に、高額商品を敬遠してしまう若い世代の人でも買いやすい仕組みです。

一括払い禁止戦略一括払い禁止戦略

さらに、一括払いの禁止により値引き販売をしなくて済むため、店頭での値崩れを防止できるという効果も。メーカーにも販売店にもメリットがある、画期的な販売方法です。

マッサージチェア専業の会社が開発

ルピナスロボを開発したのは、ファミリーイナダ株式会社。
日本で生まれた唯一の“文化的な健康製品”であるマッサージチェアを極めるために、35年ほど前からマッサージチェア専業になり、マッサージチェア一本で年間110億円を売り上げています。

ファミリーイナダ株式会社ファミリーイナダ株式会社

人の手によるマッサージの技を機械で再現するために、業界初の新機能を次々と開発してきたファミリーイナダ。さらに“人の手を超える”マッサージチェアを目指し、業界をリードし続けています。

■4/12(日)のがっちりマンデー‼