無人の車が“自動で駐車”。そんな時代がついに来る⁉︎

TBS Topics


車が自動で駐車

ホテルなどで車を預けると、係の人が代りに車を駐めてくれる便利なサービス「バレー駐車」。このバレー駐車を車が自動的に行うという、画期的な新技術が開発されています。

どうやって自動で駐車するの?

スマホで駐車を指示すると、管理センターが車に駐車位置を送信します。

管理センターが車に駐車位置を送信管理センターが車に駐車位置を送信

車は、管理センターから届いた情報をもとに、センサーで周囲の安全を確認しながら、自動運転で移動。そして、車に搭載されたカメラで駐車位置を特定して、自動的に駐車します。

車に搭載されたカメラで駐車位置を特定車に搭載されたカメラで駐車位置を特定

 

自動駐車システムによってこんなメリットも

従来、駐車場には人が乗り降りするために約2.5m~3mの幅が必要でした。しかし、自動駐車なら幅を詰めて駐車することができ、より多くの車を駐められるようになります。

例えば、現状100台駐めることができる駐車場の場合、自動駐車すれば120台の車を駐められるように。

幅を詰めて駐車することが可能幅を詰めて駐車することが可能

また、自動駐車システムは立体駐車場でも実証実験中です。近い将来、混みあった駐車場で空いている場所を見つけられない、という悩みもなくなるかもしれません。

世界トップシェアの自動車部品メーカーが開発

自動駐車には、カメラやセンサー、通信システムなどさまざまな技術が使われています。その全てを開発しているのが、自動車部品メーカーの「アイシン精機」。(共同開発の製品含む)

自動車部品メーカーの「アイシン精機」自動車部品メーカーの「アイシン精機」

エンジンから小さなセンサーまで、たくさんの種類の自動車部品を手がける世界的なメーカーで、自動車に必要な部品約3万点のうち、約1万~1万5,000点をグループで作っています。

ATトランスミッションが世界シェア1位ATトランスミッションが世界シェア1位

主力は、エンジンからの動力をタイヤに伝える「トランスミッション」。自動車の核となる部品で、アイシンはATトランスミッションが世界シェア1位です。

その他にも、世界6割のシェアを誇るパワースライドドアや国内シェア1位のサンルーフなど、トップシェアの部品をたくさん作っています。アイシン精機の売り上げは、グループ合計で年間4兆431億円。駐車場の未来を変える自動駐車システムをはじめ、部品メーカーを超える開発力で、成長を続けています。

PICK UP