【創業240年】老舗でいただく出雲名物「割子そば」が絶品!

TBS Topics


「割子そば」ってどんなの?

「割子(わりご)そば」は、島根県出雲市の名物。出雲に古くから伝わる「割子」という、丸くて小さい器に入っています。

「割子(わりご)そば」「割子(わりご)そば」

蕎麦にはお好みでもみじおろし、ネギ、海苔の3種類の薬味を入れるのがおすすめ。
「の」の字を書くように、つゆを回しかけていただきます。うるめ鰯でとった濃口つゆは、歯応えのしっかりとした蕎麦との相性抜群。

出雲で一番古い創業240年の老舗「荒木屋」の「割子三代そば」は、3段重ねの割子そば。中段は蕎麦の上にとろろを、上段はたまごをのせています。

「割子三代そば」「割子三代そば」

 

とろろやたまごを絡めて

中段の蕎麦にかけられたとろろは、とっても濃厚な味。香り高い蕎麦に、とろろがしっかりと絡み、たまらない組み合わせです。

中段の蕎麦にかけられたとろろ中段の蕎麦にかけられたとろろ

上段は、蕎麦にたまごを絡めていただきます。ヴェールをまとったような、まろやかで優しい味わいの蕎麦は、ツルツルといくらでも食べられそう。

蕎麦にたまごを絡めて蕎麦にたまごを絡めて

1段ごとに、味の変化を楽しめます。

出雲で一番古いお蕎麦屋さん

島根県出雲市にある割子そばの名店「荒木屋」は、市内で最も古いお蕎麦屋さん。
お昼時には連日満員で、行列ができるほど。地元の方に長年愛され続ける、大人気のお店です。

「荒木屋」「荒木屋」

何段でも食べられそうな絶品の割子そばを、ぜひ味わってみてください。

店名:荒木屋
住所:島根県出雲市大社町杵築東409-2

地元民おすすめの“絶品ご当地グルメ”
バナナマンのせっかくグルメ!!
(TBS系列:日曜よる6:30~)