顔がむくむ本当の理由はこれ!むくみ解消法も教えます

TBS Topics


そもそも「むくみ」はなぜ起こる?

「むくみ」とは、皮ふと筋肉の間にある、皮下脂肪の層に水がたまっている状態のこと。たくさんの水がたまると膨張するので、顔がむくんだ場合は、目が腫れぼったくなったり、アゴのラインがぼやけてしまったりします。

顔のむくみは寝不足や飲み過ぎのせいと思われがちですが、実際にはどちらも無関係。顔のむくみの原因は、次の2つでした。

原因① 寝る姿勢

顔のむくみには、重力が関係しています。人間は横になると、重力の関係で下半身にたまったむくみが顔まで移動します。

下半身にたまったむくみが顔まで移動下半身にたまったむくみが顔まで移動

うつぶせになると、さらに重力の影響を受けて水分が顔側に集まるため、顔がむくんでしまいます。

そのため、寝ている姿勢で顔をむくみづらくさせるためには、うつぶせよりもあおむけがおすすめ。顔のむくみが気になる場合には、寝る姿勢に気をつけてみましょう。

原因② 前日の夜の食事

また、前日に塩分の多い食事をとると、翌朝むくみやすくなります。その理由は、塩に含まれるナトリウムが、体内に水を引き込んでしまうからです。

成人の塩分必要量の目安は、1日6~8g。それ以上に過剰に塩分を含んだ食事をとると、むくみやすくなるので要注意。

塩分必要量の目安は1日6~8g塩分必要量の目安は1日6~8g

お酒を飲んだ翌日にむくみやすいのも、アルコールのせいではなく、実はおつまみに塩分が多いことが原因です。

塩分の少ないおつまみを選ぶと、むくみにくくなります。

むくみ解消には「笑顔体操」

顔がむくんでしまった時には、「笑顔体操」が効果的。鏡を見ながら無表情と笑顔を交互に10回程度繰り返すだけの、簡単な体操です。

「笑顔体操」「笑顔体操」

顔の筋肉を動かすことによって血流が良くなるため、むくみが早くとれやすくなります。

顔のむくみに関係する、寝る姿勢や塩分の量。「顔がむくみやすいな」と感じている方は寝る姿勢や普段の食事を見直したり、笑顔体操をして、むくみを解消しましょう。

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)