ダイエットをサポート!栄養士が薦める“チョコファースト”とは?

TBS Topics


新習慣「チョコファースト」って?

ダイエットをサポートする新習慣として、管理栄養士がお薦めする「チョコファースト」。食事の20分前にチョコレートを食べるだけで、簡単に実践することができます。

重要なポイントは、カカオが40%以上含まれている「ビターチョコレート」を選ぶこと。一回の食事の前に食べる量は、板タイプは2かけ分、つぶタイプは3粒が目安です。

チョコファーストの目安チョコファーストの目安

 

「チョコファースト」が良い理由

「チョコファースト」がダイエットをサポートしてくれる理由には、ビターチョコレートに豊富に含まれる“食物繊維”と“カカオポリフェノール”という、2つの成分が関わっています。

ビターチョコに豊富に含まれる食物繊維とカカオポリフェノールビターチョコに豊富に含まれる食物繊維とカカオポリフェノール

 

① 食物繊維が血糖値の上昇を抑える

食物繊維には、腸の壁に膜を作り、糖の吸収をブロックする働きが。

糖の吸収をブロックする食物繊維糖の吸収をブロックする食物繊維

そのため、食物繊維が豊富なビターチョコレートを先に食べておけば、食後の血糖値の上昇を抑えることができます。

② カカオポリフェノールが食べすぎを抑える

カカオポリフェノールを摂ると、満腹中枢を刺激する「レプチン」という成分が分泌されます。

食事前にビターチョコレートを食べておくことで、食べ過ぎを抑えることができ、太りにくい身体に。ダイエットを効果的にサポートしてくれます。

気軽に取り入れやすい!

「チョコファースト」は、普段の食生活に取り入れやすい習慣。食事の20分前にチョコレートを食べれば良いので、デスクでチョコレートを軽くつまんでからランチに出かけるなど、無理なく食事のタイミングに合わせることができます。

新習慣「チョコファースト」、ぜひ試してみてください。

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)