牛肉は「赤色が新鮮」は思い込み!実は〇色を選ぶべき

TBS Topics


牛肉の“色”の違い、気にしていますか?

スーパーなどに並ぶ牛肉をよく見ると、“黒みがかったもの”と“赤いもの”がありますよね。この二つの牛肉の差は、一体何なのでしょうか?

「赤い牛肉」と「黒い牛肉」「赤い牛肉」と「黒い牛肉」

 

色の違いは“鮮度”の違い!

実際は、切ったばかりの新鮮な牛肉の断面は“黒みがかった色”をしています。

切ったばかりの新鮮な牛肉の断面切ったばかりの新鮮な牛肉の断面

「黒っぽい肉は傷んでいるのでは」と思っている方も多いかもしれませんが、本来、牛肉の色は黒みがかった色。時間がたつと、徐々に全体が赤色に変化していきます。

時間がたつと徐々に全体が赤色に変化時間がたつと徐々に全体が赤色に変化

牛肉が赤い色に変化する原因は、牛肉の中にある“ミオグロビン”という色素の働きによるもの。ミオグロビンは鉄分を含むため、空気に触れると酸化し赤みを帯びていきます。

ミオグロビンミオグロビン

肉同士が重なり合っている部分が黒みがかった色をしているのは、空気に触れていないという証拠。
スーパーなどで牛肉を選ぶときは、より新鮮な牛肉である“黒みがかったもの”を選ぶのがオススメです。

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)