自衛隊が誇る「F-15戦闘機」がスゴい

TBS Topics


日本の空を守る、F-15 戦闘機とは

長年航空自衛隊で活躍している、F-15戦闘機。
通常の旅客機の2倍にあたる20万馬力のエンジンを搭載し、ミサイルや機関砲も装備した、空自が誇る戦闘機です。通称イーグルとも呼ばれています。

F-15戦闘機(通称イーグル)F-15戦闘機(通称イーグル)

F-15の主な役目は、日本の領空に不明機が侵入するのを防ぐこと。日頃から日本の有事に備え、厳しい飛行訓練を行っています。

F-15はココがスゴい!

スゴさ① 旅客機の3倍!圧倒的スピード

F-15 戦闘機の最高時速は、なんと時速3000km。一般的な旅客機の約3倍です。
具体的には、旅客機で約1時間30分かかる北海道(新千歳空港)から東京(羽田空港)までが、F-15ならわずか約17分。(最大速度で計算した場合)まさに圧倒的なスピードです。

新千歳空港から羽田空港まで約17分のスピード新千歳空港から羽田空港まで約17分のスピード

さらに言うと、たった1分で富士山の高さまで急上昇することができます。

スゴさ② 宇宙が見える!絶景の高度

F-15戦闘機は、旅客機の限界より5000mも高い、高度15000mまで到達できます。

高度15000mの世界は、水平線が丸みを帯びて地球が少し丸く見える、まさに絶景。宇宙空間の濃い青まで見えるほどの高さです。

宇宙空間の濃い青まで見えるほどの高さ宇宙空間の濃い青まで見えるほどの高さ


スゴさ③ 空中で給油

F-15 戦闘機は、なんと時速1000kmで飛行しながら、空中で燃料の給油を受けることが可能。
飛行中の給油機に近づき、給油機から伸びている給油ノズルと、F-15 の側面にある給油口を接続して、給油を行います。

時速1000kmで飛行しながら給油時速1000kmで飛行しながら給油

F-15の給油口は、わずか直径約10cm。機体のコントロールは、数cm単位で行われます。

機体のコントロールは数cm単位機体のコントロールは数cm単位

飛行時間が長時間にわたる場合には、何度か空中給油を受けながら飛行を続けます。
鍛え抜かれたパイロットが乗るF-15戦闘機だからこそできる、職人技です。

“職業のヒミツ"をぶっちゃけ!
ジョブチューン
(TBS系列:土曜日よる8時~)

 

■3/21(土)の『ジョブチューン』

 

PICK UP