世界で最もクールな本屋「誠品生活」が今スゴイ

TBS Topics


世界から注目を集める「誠品生活」って?

「誠品生活」は、台湾発の書店チェーン。ネットショップの普及でリアル書店の経営が厳しい中、売れ行きは絶好調。2019年9月には東京・日本橋に出店し、連日多くの人で賑わっています。

アメリカCNNは「世界で最もクールな店」と絶賛。人気の理由は、従来の書店にはない3つの特徴にありました。

特徴① 座り読みOK!

誠品生活では、色々な本に長く触れられるようにと、本の立ち読みだけでなく“座り読み”も推奨しています。

座り読みOK座り読みOK

このスタイルはお客さんから「他の本屋さんよりリラックスできる」と大好評。結果、本の売れ行きアップにつながっています。

特徴② 本とセットで買い物できる

「本のジャンルに関係のあるモノを一緒に売っている」というのも、誠品生活の特徴。

本とセットで買い物できる本とセットで買い物できる

例えば、料理のレシピ本のコーナー近くには、食材や調味料といった本以外の商品が一緒に並び、レシピ本を読んで「料理をしたい」と思った人が、本と一緒に買うことができる仕組みになっています。

料理以外にも、子どもの本のコーナー近くには、子ども服やおもちゃが売られています。

特徴③ 地域に合わせたお店に

誠品生活では、出店する地域の特徴や文化に合わせてお店のテーマを変えています。

地域に合わせたお店地域に合わせたお店

たとえばタバコ工場の跡地に作られたお店は、店内で「モノ作り体験ができる」スタイルに。
絵が描けるカフェや、革細工ができる工房を併設しています。

海外も含めて50店舗を展開(2020年3月現在)している誠品生活。本を起点として様々な体験や発見ができる、今までにないスタイルで多くのお客さんを集め、売り上げを伸ばしています。

経済のことが学べる
がっちりマンデー!!
(TBS系列 日曜あさ7:30~)

 

PICK UP