平成ギャルの聖地【SHIBUYA 109】って今どうなってるの?

TBS Topics


ギャルの聖地の現在

ミニスカート・ルーズソックス・ヤマンバなど、平成を賑わせたギャル。
そんな彼女たちがファッションを買い求めた「SHIBUYA 109」ですが、かつてはマイクロミニを着こなした“カリスマ店員”と呼ばれる店員さんがいたり、ひとたびセールとなれば館内はまるで戦場のようになりました。

令和になった現在では、どのようになっているかというと…

「SHIBUYA 109」の現在「SHIBUYA 109」の現在

当時と比べて、ギャルの姿は殆どありません。
館内にある「CECIL Mc BEE」(セシルマクビー)も、元々はギャル向けだったブランド。

「CECIL Mc BEE」(セシルマクビー)「CECIL Mc BEE」(セシルマクビー)

肌見せスタイルのファッションがウリでしたが、現在は落ち着いたものが並んでいます。

お店の店長いわく、「以前はギャルのファッションがトレンドだったので(そういったものが多くあったが)、時代の流れに沿って(お店にある服も)変わっている」とのこと。

現在は落ち着いたファッションが多い現在は落ち着いたファッションが多い

店内には、“高校生時代によく来ていた”というお客さんが、今は子どもを連れて買い物をしている姿もありました。

親子で買い物に来るお客さんも親子で買い物に来るお客さんも

「CECIL Mc BEE」のマネージャーは「お孫さんまで連れていらっしゃるお客さんもいる」と話します。

再開発が進み、“若者の街”から“大人の街”に生まれ変わろうとしている渋谷。
しかし、青春時代をそこで過ごした世代にとって、いつまで経ってもSHIBUYA 109をはじめとする渋谷は特別な場所のようです。

身近な疑問やホットな情報をお届け
噂の!東京マガジン
(TBS系列:日曜ひる1時~)