一冊の本で人生が変わった“女性”靴磨き職人

TBS Topics


若き“女性”靴磨き職人

ビジネスマンなど、スーツを着る人は特に履く機会の多い「革靴」。それを磨く河村さんは、27歳で自分のお店をオープンした女性の靴磨き職人です。

女性靴磨き職人の河村さん女性靴磨き職人の河村さん

お客さんの8割は男性で、年間およそ900足の靴を磨くとのこと。持ち込みはもちろんのこと、全国から配送されて、靴磨きの依頼がくるそうです。そんな若き女性靴磨き職人に『BACKSTAGE』が迫ります。

“女性ならでは”の目線で靴を磨く

「靴磨きは女性のメイクと似ている」と話す河村さん。
靴の汚れを落とすクレンジングを“メイク落とし”、革の部分のケアを“スキンケア”、ワックスを塗る工程を“メイク”になぞらえて靴を磨いていきます。

「靴磨きは女性のメイクと似ている」そう「靴磨きは女性のメイクと似ている」そう

肌と同じように、革靴には保湿が大事で、乾燥は大敵だそう。また、メイクと同じように、仕上げの光沢においてもナチュラルなものが流行しているとか。
それぞれの革靴の状態を見極めつつ、お客さんの好みに合わせ、1足に1時間ほどかけて磨いていきます。

1足に約1時間ほどかけて磨く1足に約1時間ほどかけて磨く

 

きっかけになったのは“一冊の本”

元々は、名古屋である企業の受付の仕事をしていた河村さん。
しかし24歳の時に『イタリア人の働き方』という本に出会い、そこに載っていた“女性靴磨き職人”ロザリーナ・ダッラーゴさんの生き方に感銘を受け、自分も靴磨き職人になりたいと思ったそう。

現在、靴磨き職人となった河村さんは「女性の方にも靴磨きをやってほしい」と話します。
女性は男性と比べて足の悩みが多く、足に合っていない靴を履いている人が多いそう。靴磨きをすることで、革が柔らかくなり、徐々に自分の足に合っていくとのことです。

“女性にも靴磨きをしてほしい”という思い“女性にも靴磨きをしてほしい”という思い

以前まではパンプスがメインだった女性の靴ですが、革靴やローファーも主流になってきている近年。

“女性にも靴磨きを広めたい”という思いを胸に、河村さんは今日も1足1足、丁寧に靴を磨いています。

靴を磨く河村さん靴を磨く河村さん

 

知られざる舞台裏の物語
BACKSTAGE(バックステージ)
(CBCテレビ:日曜よる11時30分~)