達人に聞いた!付箋メモを使った「効率UP」メモ術

TBS Topics


STEP① 付箋でToDoリストを作成

まず、1週間のはじめに、その週にやらなければいけないことをすべて付箋に書き出し、ToDoリストを作ります。

ToDoリストToDoリスト

この時に大事なのが、その予定をこなすのにかかる時間を一緒に書いておくこと。
たとえば、10分で終わる予定なら「10M(Minutes)=10分」と書きます。

かかる時間を一緒に書いておくかかる時間を一緒に書いておく

どれくらい時間がかかるか書いておくことで、「何時間あれば全部終わらせられるか」と計算ができます。

STEP② ToDoリストを仕分けする

予定をすべて書き出したら、実行するタイミングごとにカテゴリーを作り、ToDoリストを分類します。

たとえば、「平日の昼間家にいる時」「平日の夜子どもが寝た後」「休日夫がいる時」「外出時ついでに」という時間帯・状況で4つのカテゴリーを作るとしましょう。

時間帯・状況でカテゴリー分類時間帯・状況でカテゴリー分類

「コートをクリーニングに出す10M」という予定は、外出する際ついでにできる予定なので、「外出時ついでに」というカテゴリーに分類します。

STEP③ スケジュールに振り分ける

4つのカテゴリーに分類したToDoリストを、1週間のスケジュールに振り分けます。

1週間のスケジュールに振り分け1週間のスケジュールに振り分け

たとえば、水曜日に外出の予定が入っていて、予定の合間に空き時間が2時間あるという場合には、「外出時ついでに」というカテゴリーのToDoリストの中から2時間以内に終わる作業をいくつか振り分けます。
作業が終わったら、付箋を剥がして完了。できなければ、付箋を別の日に貼り変えます。

付箋を別の日に貼り変え付箋を別の日に貼り変え

一旦全部書き出し、やるべきタイミングに振り分けることで効率がUP。時間を有効活用することができます。
忙しい毎日に追われ、時間が足りないと感じている方は、ぜひ付箋を使った予定管理法を試してみてください。

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)

 

PICK UP