『SASUKE2018』が「アジア・テレビジョン・アワード」総合エンタテインメント番組部門で最優秀作品賞を受賞

TBS Topics


TBSで2018年3月26日に放送した『SASUKE2018』(第35回大会)が「アジア・テレビジョン・アワード2019」の総合エンタテインメント番組部門(BEST GENERAL ENTERTAINMENT PROGRAMME)において最優秀賞を受賞しました。

 アジア・テレビジョン・アワードとは

アジア・テレビジョン・アワードは、1996年に創設され今年で24回目を数えるアジア最大で最も権威のあるテレビ番組のコンペティションで、1300を超える作品の中から部門別に最も優れた番組が選ばれます。シンガポール、インドネシア、タイ、中国、香港、台湾、日本、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランドなどの国やと地域にある放送局から毎年多くの出品作品が集まります。 

『SASUKE』は1997年に誕生し昨年大晦日の放送で37回を数えるフィールドアスレチック番組。100人の挑戦者が4つのエリアに別れた巨大なセットを己の肉体ひとつで攻略していきます。

鍛えたあげた肉体を駆使して難関に挑戦する『SASUKE』はスポーツエンターテインメント番組。同時に挑戦者の日々の努力と生き様が垣間見えるドキュメンタリー番組でもあります。その人気は日本国内にとどまらず、165の国と地域で放送実績があり、25カ国で現地版も制作されたワールドワイドな人気番組に成長しました。2018年大晦日と2019年大晦日はファイナルステージを生放送するなど、番組開始から23年経った今も進化を続けています。

コメント 

<番組プロデューサー・村口太郎>

 1997年の番組開始から23年。いまや世界的なコンテンツとなった『SASUKE』が、あらためてこのような評価を受けとてもうれしいです。毎回100名の挑戦者の完全制覇をめざす熱い思いが番組を支えてくれています。勇気と感動を与えられる番組を目指し、スタッフ一同精進してまいります。 
今回の受賞はとても光栄です。本当にありがとうございました。