アニメ・漫画作品と縁の深いスポット3選

TBS Topics


国内のみならず、海外でも高い評価がある日本のアニメや漫画。ここでは、それらの作品の舞台になった“聖地”と呼ばれる場所や、縁のあるスポットをご紹介します。

⓵ 映画「君の名は。」の聖地

伝説の巨人・ダイダラボッチが休憩したという伝説を持つ「高ボッチ高原」。

ここから諏訪湖を見る風景は、映画『君の名は。』で「かたわれ時」のシーンのモデルとなったと言われている場所で、聖地として多くのファンが訪れています。

高ボッチ高原高ボッチ高原

“日本一のシャッタースポット”とも呼ばれており、諏訪湖を眼下に、槍ヶ岳から富士山まで360度パノラマで見渡すことができます。

詳細はこちら→E-girlsが、映画「君の名は。」の聖地へ

 

② 「鳥取砂丘コナン空港」に「水木しげるロード」?

有名まんが作品の作者を多数輩出している鳥取県では、もともとまんが文化が盛んです。
「鳥取砂丘コナン空港」「水木しげるロード」などのように、まんがの作品や作者名にちなんで空港や通りの名前が付けられたケースも。

「鳥取砂丘コナン空港」「鳥取砂丘コナン空港」

また、倉吉市では、2018年4月に「倉吉フィギュアミュージアム」をオープン。
館内にはさまざまなまんが・アニメ作品のフィギュアがずらりと展示され、土日ともなると1日500人が訪れる人気スポットです。

詳細はこちら→「まんがアニメ作戦」が大成功!県外から人を呼ぶ秘策とは

 

③ 漫画・アニメ・サブカルが集まる場所といえば

約300店舗がビルの中にひしめく「中野ブロードウェイ」。漫画やアニメなどの買取販売店が数多く立ち並び、いわゆる「サブカルチャー」の聖地と呼ばれています。

中野ブロードウェイ中野ブロードウェイ

中には、漫画家・手塚治虫先生が描いた「ピノキオ」や水木しげる先生が描いた「戦場の誓い」などの貴重な商品も。

手塚治虫先生作「ピノキオ」手塚治虫先生作「ピノキオ」

さらに、昭和39年発売のゴジラのおもちゃなどマニアにはたまらないプレミア物の商品が、所狭しと並んでいます。

プレミア物の商品プレミア物の商品

 

詳細はこちら→いま外国人観光客に大人気!サブカルの聖地「中野ブロードウェイ」の今と昔