【冷え性必見】体を長~く温めるホットドリンクランキング

TBS Topics


寒い季節に欠かせないホットドリンク。飲んだ直後はどれも体温を上げてくれますが、体を温める効果の持続時間に差があります。
緑茶・コーヒー・紅茶・ココア・甘酒・しょうが湯。6種類の飲み物の中で、体を温める効果が最も長いのは一体どれでしょうか?

体を温め続けるホットドリンクはこれ!

体を温める効果の持続時間を調査するため、20~40代の冷え性に悩む女性6人に、同じ環境で60度の飲み物を200ccずつ飲んでもらいました。
平熱が上昇してから元に戻るまでの時間をサーモグラフィーで計測したところ…

体を温める効果の長いホットドリンクランキング体を温める効果の長いホットドリンクランキング

「平熱に戻るまでの時間が最も長い=体を温める効果が長時間続く」飲み物はココアだとわかりました。
効果の違いは、どんな理由から生まれるのでしょうか?

ポイントはドリンクに含まれる成分!

1位:ココア

ココアに含まれる「カカオポリフェノール」には血行を促進させる効果があり、体を温める効果が高いと言われています。

体を温める効果が高いココア体を温める効果が高いココア

実験でも平熱に戻るまでに約一時間と、長時間の持続効果があることがわかりました。

2位:紅茶 

ココアの次に体を温める効果が長く続いたのは、紅茶。
紅茶には「テアフラビン」という成分が含まれており、血液の巡りを良くし、末端まで体温を高めてくれる効果があります。

血液の巡りを良くするテアフラビン血液の巡りを良くするテアフラビン

 

3位:しょうが湯

しょうが湯には体の中から熱を作り出す効果がある「ショウガオール」が含まれ、急激に体温を上げて温めてくれます。しかし、急激に温まると汗をかくので、ココアや紅茶に比べて体温の上昇を持続できない点がデメリット。

熱を作り出す効果があるショウガオール熱を作り出す効果があるショウガオール

 

4位:甘酒

甘酒は、体内に熱を発生させる「糖質」が豊富に含まれています。とろみもあるので胃にとどまる時間が長くなり、体を温める効果が持続。
しかし、ココア・紅茶・しょうが湯に比べて血行を促進させる成分が少ないため、より早く体温が下がってしまいます。

血行を促進させる成分が少ない甘酒血行を促進させる成分が少ない甘酒

 

5位:緑茶 6位:コーヒー

体を長時間温める効果が低かったのは、緑茶とコーヒーです。この2つに含まれている「カフェイン」には体温を下げる効果があるので、身体を逆に冷やしてしまいます。

寒さが厳しくなる時期は、少しでも長く温まれるよう、飲み物も賢く選びましょう。

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)