「コンソメ」と「ブイヨン」は何が違う?

TBS Topics


色も形もよく似ている「ブイヨン」と「コンソメ」。同じようでいて、味にも使い方にも違いがあります。一体何が違って、どう使い分ければ良いのでしょうか?

ブイヨンは「洋風ダシ」

ブイヨンは、牛すじ肉や鶏ガラ、香味野菜にニンニクやスパイスを加えて弱火で3~4時間煮込んで取った洋風のダシです。

ブイヨンは「洋風ダシ」ブイヨンは「洋風ダシ」

そのため、ブイヨン自体は薄い味。これだけでは料理としては未完成で、味付けを加えて料理に使うためのものです。

トマトソースやシチューなどの煮込み料理を作るときにブイヨンを加えると、コクが豊かになります。

味付けを加えて料理に使う「ブイヨン」味付けを加えて料理に使う「ブイヨン」

 

コンソメは「料理」

一方、コンソメはブイヨンをベースに味付けをして、料理として完成させたもの。途中まではブイヨンと同じ作り方ですが、ブイヨンよりも手間をかけて作られています。

ブイヨンに味付けした「料理」のコンソメブイヨンに味付けした「料理」のコンソメ

コンソメとは、フランス語で「完成された」という意味。そのままスープとして美味しくいただくのが、コンソメの使い方です。

そのままスープで飲むのが「コンソメ」そのままスープで飲むのが「コンソメ」

ブイヨンと飲み比べてみると、コンソメはブイヨンより味が濃く、料理として味付けがなされているのがわかります。

スーパーなどでは、溶かせば簡単に使える顆粒や固形キューブで売られているブイヨンとコンソメ。美味しい料理を作るために、違いを知って上手に使い分けてください。

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)

 

■1/14(火)の『この差って何ですか?』…イチモツは今回NG!? どぶろっくが時代を変えた!